西川貴教:久々の“ストームパフォ”で「原点回帰」

テレビ

 T.M.Revolution(TMR)の西川貴教さんがロッテのガム「ZEUS」のイメージキャラクターに起用され、29日東京都内で行われたPRイベントに登場。これまでミュージックビデオなど、嵐や風の中でさまざまなパフォーマンスを披露してきた“ストームパフォーマー”の西川さんは、イベントで“暴風と吹雪”が吹き荒れる中、新曲「Summer Blizzard」を披露できるかどうか挑戦。「しばらくTMRでは強い風に当たってなかったのですが、そういうイメージが強かったんだなと」とイベントについて苦笑交じりに振り返り、「(TMRとして)15年以上活動させていただいてますが、原点回帰じゃないですが、これをきっかけに頑張っていければ」と語っていた。

 イベントは、リニューアルした同商品をイメージする「凍てつく嵐」を“暴風と吹雪”で演出し、その中で西川さんが新曲を初披露するというもの。新曲を歌いきれば勝利で、CM撮影も兼ねており、イベントにはファン約600人も参加した。ファンが見守る中、最初の“凍てつく嵐”の勝負に敗北してしまった西川さんは「俺じゃなくて、機材の問題!」と再戦を要求。リベンジの2戦目で、“風と雪”が吹き荒れる中、見事なパフォーマンスを披露し、勝利を収めた。

 見事、歌いきった西川さんだったが、「首のあたりが実はやけど(凍傷)してまして、風が吹いてドライアイスが皮膚の弱いところにあたって、全部真っ赤になって」と明かし、「これから露出の多い季節になるのに心配。まだ“嫁入り前”なのに……」と嘆き、笑いを誘った。また、ファン参加イベントということに「僕がどんな思いで(強風に当たることを)今までやってきたのか、多少追体験していただけたかなということでは、画期的だった」と満足げに語っていた。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る