仲間由紀恵:“嫌な女”演じ「結構楽しかった」

1 / 7

 女優の仲間由紀恵さんが1日、東京都内で行われた14日から放送のNHKドラマ「美女と男子」の会見に登場。仕事はできるが人の気持ちが分からない主人公を演じる仲間さんは「最初は(主人公の)沢渡一子がとんでもない人だと思った」とその“嫌なやつ”ぶりに驚いたことを明かし、「『思い切っていってくれ』と言われ、思い切って嫌なやつをやらせていただきました……結構楽しかったです」と笑顔で“嫌な女”の感想を語った。

 会見には仲間さん、共演する劇団EXILEの町田啓太さん、原作者の田渕久美子さんらが出席。仲間さんにスカウトされた新人俳優役を演じる町田さんは「(仲間さんが)マネージャーで、僕のお芝居をずっと見ているという緊張感の中でやらせていただいた」と芸能界の“先輩”に恐縮しつつ、続けて「俳優役に重みも感じているが、このドラマにすべて注いで、人生かけるくらいでやらせていただいてる」と意気込みを語った。

 同ドラマは、あるきっかけで芸能マネジャーになったヒロイン・沢渡一子(仲間さん)と、一子にスカウトされた年下の新人・遼(町田さん)が絆を強めながら芸能界の頂点を目指す物語。東幹久さん、高橋ジョージさん、草刈正雄さんなども出演する。毎週火曜午後10時から放送。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画