MANTANWEB(まんたんウェブ)

図書館戦争:続編映画に朝ドラヒロイン 松坂桃李、中村蒼も

ブック 映画 テレビ
映画「図書館戦争−THE LAST MISSION−」に出演する(左から)土屋太鳳さん、松坂桃李さん、中村蒼さん(C)2015“Library Wars -LM-”Movie Project

 NHK連続テレビ小説「まれ」で主演を務めている女優の土屋太鳳さんが、人気グループ「V6」の岡田准一さんと榮倉奈々さん主演で2013年に公開された「図書館戦争」の続編「図書館戦争−THE LAST MISSION−」(佐藤信介監督、10月10日公開)に出演していることが29日、明らかになった。俳優の松坂桃李さん、中村蒼さんも出演しており、同キャスト、スタッフによるスペシャルドラマ「図書館戦争 BOOK OF MEMORIES」が今秋、TBS系で放送される。

 「図書館戦争」は、「フリーター、家を買う。」などで知られる有川浩さんの人気小説が原作。本を検閲する「メディア良化隊」と本を守る自衛組織「図書隊」の戦いが描かれており、続編では、図書隊の堂上(岡田さん)、笠原(榮倉さん)が所属する関東図書基地に「一冊の本を守れ」という依頼が入るが……という内容で、図書隊の存続を揺るがす事態が描かれる。

 土屋さんは、図書隊の小牧幹久(田中圭さん)の幼なじみで、聴覚障害を持つ女子高校生・中澤毬江を演じており、辻本珠子プロデューサーは土屋さんについて「みずみずしい存在感、愛らしさ、演技力には、かねてから注目していた」という。土屋さんは「聴覚を失う厳しい演技は本当に難しいですが、私の家族が毬江ちゃんと同じ突発性難聴で右の聴力を失っているので、一緒に歩んだ家族としても、誠実に心をこめて演じました」とコメントしている。

 松坂さんは、図書隊の手塚光(福士蒼汰さん)の兄で笠原(榮倉さん)に近付く謎の男・手塚慧を演じており、「新しい登場人物の手塚慧として、本作のいいスパイスとして存在できたらと思っています」とコメント。中村さんは柴崎麻子(栗山千明さん)が心ひかれる学芸員の朝比奈修二役で、「完成されたところに入るのはとても緊張しますが、現場の雰囲気がステキで、居心地がよかったです」とメッセージを寄せている。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る