MANTANWEB(まんたんウェブ)

図書館戦争:ドラマ&映画のプロジェクトが全撮影終了 激しいアクションに榮倉「記憶が薄れた」

ブック 映画 テレビ
「図書館戦争プロジェクト」がオールアップしてコメントした榮倉奈々さん(左)と田中圭さん (C)TBS (C)2015“Library Wars-LM-”Movie Project

 人気グループ「V6」の岡田准一さんと榮倉奈々さんが主演し2013年に公開された映画「図書館戦争」の続編「図書館戦争 THE LAST MISSION」(佐藤信介監督、10月10日公開)と同キャスト、スタッフによる今秋放送のスペシャルドラマ「図書館戦争 BOOK OF MEMORIES」(TBS系)の撮影が19日にオールアップした。

 「図書館戦争」は、「フリーター、家を買う。」などで知られる有川浩さんの人気小説が原作。本を検閲する「メディア良化隊」と本を守る自衛組織「図書隊」の戦いが描かれており、続編映画は、図書隊の堂上(岡田さん)、笠原(榮倉さん)が所属する関東図書基地に「一冊の本を守れ」という依頼が入るが……という内容で、図書隊の存続を揺るがす事態が描かれる。

 昨年12月から始まった続編映画「THE LAST MISSION」の撮影から数えて約半年後の今月19日に一大プロジェクトの撮影がすべて終了。映画と同じく岡田さんをはじめとした主要キャストが勢ぞろい。新たなキャストの松坂桃李さん、中村蒼さん、土屋太鳳さんも加わり、強い団結力で「図書館戦争」の新プロジェクトを作り上げた。

 映画本編では、岡田さんが演じる堂上篤と榮倉さんが演じる笠原郁の恋の行方に注目が集まる中、ドラマスペシャルでは、郁の両親が関東図書基地を訪れることで2人の関係に変化が生じる。そして、田中圭さんが演じる堂上の同期・小牧幹久と土屋さんが演じる小牧の幼なじみで、聴覚障害を持つ女子高校生・中澤毬江の純粋な恋模様も描かれる。

 オールアップを迎えて、主演の岡田さんは「前作から役柄の関係性とともに榮倉さんとの距離感が変わり、前作よりさらにコミュニケーションが深まったと思います。佐藤組は特殊な空気が流れている現場で、『撮り切れるのか』という撮影をスタッフ、キャストが一丸になって、まさに戦いながら撮影を行っていきました。そういう意味でも、本当にチームワークがよく、一緒に乗り越えていけたと思っています。シリーズを通してご覧になると、個々のキャラクターの関係性の変化がよくわかると思います。佐藤組ならではのアクションにもご注目いただきたいのですが、その関係性にもぜひ注目してみてください」とコメントしている。

 榮倉さんは「撮影最後のシーンでリペリング(ロープで降下)に挑戦したのですが、楽しかったです。下を見てしまうと怖くなりましたが、キャスト、スタッフの皆さんが必死に頑張っている姿を見てきたので、これだけはスタントなしでやりたいとお願いしました。特に仙台での撮影は今まで以上に激しく長いアクションシーンがあり、記憶が薄れたほどでした。どんなシーンだったか覚えていないくらいなので、作品の完成が楽しみです(笑い)」と話している。

 田中さんは「とても楽しい現場でした。でも遂に終わってしまったとすごく寂しい気持ちです。小牧という役は、自分で演じた役の中では珍しく分かりやすいヒーローのようなキャラクターでした。そのため、回を重ねるごとに新鮮で、ただただ楽しかったです。そして遂にドラマの方では土屋太鳳さん演じる“毬江”が登場し、“小牧”という人物像が色濃く現れたと思いますので楽しみにしていてください」とメッセージを送っている。

 続編映画「図書館戦争 THE LAST MISSION」は10月10日に全国で公開。スペシャルドラマ「図書館戦争 BOOK OF MEMORIES」はTBS系で今秋に放送予定。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る