BS11:目標は「おいしいたんぱく質開発」 森永乳業の挑戦 ウィークリーニュースONZE

「おいしいたんぱく質」の開発に取り組む森永乳業の研究員
1 / 6
「おいしいたんぱく質」の開発に取り組む森永乳業の研究員

 BS11の報道番組「ウィークリーニュースONZE」は29日、あまりおいしくないたんぱく質を素材にした新商品開発に挑んだ森永乳業の研究員の姿を追った特集「めざせ“美味しい高たんぱく質食品”  森永乳業700日の挑戦」を放送する。

 森永乳業が2年前、「シニア層にアピールできる」ことをコンセプトに、筋肉や骨を作るのに有効なたんぱく質を素材とする商品開発をスタートさせた。ところが、たんぱく質自体は渋みがあり、おいしくないもの。その課題解決に挑んだのは入社6年目の若手研究員だった。

 番組では、大きな課題を乗り越えるため、失敗を繰り返しながら、研究室の上司や同僚、ほかの部署の支えを受けて、「おいしいたんぱく質」の開発を進めた研究員の挑戦を追った。

 放送は29日午後6時から、キャスターはジャーナリストの山路徹さんと田野辺実鈴さん。コメンテーターは二木啓孝・BS11解説委員。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る