MANTANWEB(まんたんウェブ)

おんな城主 直虎:柴咲コウ主演の17年大河ドラマ いいなずけ役に三浦春馬、柳楽優弥は初出演 

テレビ
2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の出演者発表会見に登場した(左から)貫地谷しほりさん、ムロツヨシさん、三浦春馬さん、柳楽優弥さん、柴咲コウさん、高橋一生さん

 柴咲コウさんが主演する2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の新たなキャストが26日、同局で発表され、柴咲さん演じる主人公・井伊直虎のいいなずけ・亀之丞(後の井伊直親)を三浦春馬さん、父・直盛を杉本哲太さん、母・千賀を財前直見さん、オリジナルキャラクターの盗賊団のかしらを柳楽優弥さんが演じることが明らかになった。柳楽さんは初の大河出演となる。

 このほか、曽祖父の井伊直平を前田吟さん、菩提寺の住職南渓和尚を小林薫さん、井伊家筆頭家老の鶴丸(後の小野政次)を高橋一生さん、直親の妻・しのを貫地谷しほりさん、豪商の瀬戸方久をムロツヨシさん、亀之丞の父・井伊直満を宇梶剛士さん、鶴丸の父・小野政直を吹越満さん、千賀の兄・新野左馬介を苅谷俊介さん、井伊家重臣の奥山朝利をでんでんさん、重臣の中野直由を筧利夫さん、語りを中村梅雀さんが担当する。

 出演者らはこの日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われた発表会に登場し、三浦さんは「今回で大河ドラマ3回目。いずれも子役時代に『武蔵』、『功名が辻』と経験をさせてもらったのですけど、成人を迎えてからこうして大河ドラマにまたお世話になるということは本当に本当にありがたいことだなと感じています。子役時代にお世話になった分、26歳になった今、この作品に貢献できたら。精進して参ります」とあいさつした。

 ドラマは、激動の戦国時代に男の名を名乗り、井伊家の家督を継ぎ“おんな城主”となった女性・井伊直虎の生涯を描く。主人公・直虎は、幕末の大老・井伊直弼の先祖で、徳川家康の重臣・井伊直政の養母。井伊家当主・井伊直盛の一人娘として生まれるが、戦のたびに当主を殺され、男の名で家督を継ぎ、駿河の今川、甲斐の武田、三河の徳川と三つの大国が虎視眈々(たんたん)と領地を狙う中、己の知恵と勇気を頼りに、仲間と力を合わせて国を治め、幼い世継ぎの命を守ってたくましく生き延びていく。

 オリジナル作品で、脚本は「世界の中心で、愛をさけぶ」「白夜行」「JIN-仁-」「とんび」「天皇の料理番」などの森下佳子さんが担当する。放送は17年1月から。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る