MANTANWEB(まんたんウェブ)

柳ゆり菜:女優として羽ばたきたい 朝ドラ出演時の思いも……

テレビ
「Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2016」に出演する柳ゆり菜さん

 グラビアアイドルで女優の柳ゆり菜さんが出演する「Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2016」(読売テレビ・日本テレビ系)が31日に放送される。同番組は自作の人力飛行機でスピードや距離を競う毎年恒例の大会で、柳さんは人力飛行機が飛び立つプラットホームで実況を担当する。挑戦者たちを間近で見て、「一機目が飛ぶ瞬間を見てすぐ涙が出そうになった」と興奮した様子で語る柳さんに、大会の感想や女優業の今後などについて聞いた。

 ◇「一緒に泣きそうになった」と興奮 

 鳥人間コンテストは、1977年から、97年と2009年を除いて毎年開催されている恒例のイベント。今年は7月30、31日の2日間開催され、全36チームが出場した。初日はグライダー型の飛行機で風の力だけを頼りに滑空する「滑空機部門」と、人力プロペラ機でタイムを競う「人力プロペラ機タイムトライアル部門」、31日は人力プロペラ機の飛行距離を競う「人力プロペラ機ディスタンス部門」が行われた。

 プラットホームで間近で挑戦者たちの飛び立つ姿を見ていた柳さん。「一番みなさんと近い場所にいるから、伝わるものは人一倍あった」と感想を語る。出番を待つ挑戦者の表情を見つめ、「一緒に緊張して一緒に泣きそうになって、の繰り返しで。チームごとに喜怒哀楽がある。すごいパワーを1日で使ったような気持ちです」と振り返る。

 特に印象に残っているのは、滑空機部門で出場した「首都大学東京 MaPPL」チームの女性の出場者だった。「同じ女性として応援する部分もあり……。鳥人間にかけるため、筋肉をつけるためにいろいろ我慢して、とか。同じ女子としてうれしくて」と感動を表現する。一番近くで見ていたからこそ、「飛ぶ行為はすごく勇気がいる」と話し、自らは「絶対できないと思う」と柳さん。「落ちるという行為が大嫌いで。落ちちゃっているのを見ると、絶対無理、と思っちゃいます」と笑うが、「みんなで一致団結して、泣いて笑って……というのは、経験したかったな」とうらやましそうな表情ものぞかせる。

 ◇女優として羽ばたきたい

 そんな柳さんの「羽ばたきたいこと」とはなんだろうか。以前にNHK連続テレビ小説「マッサン」の“ポスター美女”として話題を集めた柳さんは、「女優として羽ばたきたい」と即答する。お芝居全般が好き、と前置きしつつ、「映画がすごく好きで。映画欲が強い自分がいるので、映画のお仕事をどんどんできるように(なりたい)」と意欲を語る。

 朝ドラに出演する前は、「がむしゃらにやるしかない、という時期だけど、がむしゃらにやれる機会も少なくて、もどかしい気持ちがあった」と柳さんは述懐する。「自分に自信をなくしていた時期に、自分(の気持ち)を入れ替えて挑んだのがあの(朝ドラの)オーディションだった」と柳さん。「当時のことを改めて振り返ると、自分の中で変わろうとして変われたのかなと思います」と笑顔をみせる。今は、鳥人間コンテストで例えると、水面に着水しそうでしない状態といい、「必死に粘っているところなのかな(笑い)」と冗談めかして語る。

 具体的に挑戦してみたい役は「もやもやしていて闇があって犯罪を犯してしまう、自分じゃ分かり得ない世界に生きている役」。女優はいろいろな人生を生きることができるのが楽しい、と笑う。「プライベートでは引き込もり」という柳さんは、「経験の足りない自分がいるから。お芝居でいろんな経験ができるのは刺激的」と語る。なりたいのは、中身で評価される女優。「見てくれでの評価はうれしい半面、寂しい部分もあるので。内側のもので人の心を動かせて、そうしたら人に女優として認めてもらえると思う。そういう自分になろうと思います」と意欲的に語ってくれた。

 「Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2016」は31日午後7時から放送される。

 <プロフィル>

 やなぎ・ゆりな。1994年生まれ、大阪府出身。NHK連続テレビ小説「マッサン」の“ポスター美女”役で注目を集める。ドラマは「アルジャーノンに花束を」(2015年)などに出演。10月公開の映画「彼岸島 デラックス」(渡辺武監督)などへの出演も決定している。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る