MANTANWEB(まんたんウェブ)

戸田恵梨香:デスノ“ミサミサ”再演は「プレッシャーがすごい」 加瀬亮との破局は語らず

映画 マンガ
映画「デスノート Light up the NEW world」ジャパンプレミアに登場した戸田恵梨香さん

 女優の戸田恵梨香さんが20日、東京都内で行われた映画「デスノート Light up the NEW world」(佐藤信介監督、10月29日公開)のジャパンプレミアに登場。映画は2006年公開の「デスノート」の続編で、再び「ミサミサ」の愛称で知られる弥海砂を演じた戸田さんは、客席のファンから「エリカ~」「ミサミサ~」と声援が飛ぶと、「ありがとうございます」とにっこり。10年ぶりのミサミサ再演については「プレッシャーがすごい。ミサミサがアイドルから女優になって、どこを取り戻して、どこを捨てればいいのか難しかった」と語ってみせた。

 また戸田さんは「当時、俳優デビューして1年もたたない頃で、撮影はいっぱいいっぱいでした」と前作を振り返ると、「自分の仕事ってこういう仕事だって自覚した大きな作品でした。大きなかけがえのない作品というのは間違いない」としみじみとしていた。また交際中とされた加瀬亮さんとの破局が報じられた戸田さんには、記者から報道に関しての質問が飛んだが、戸田さんは一切、語らずに会場を後にした。

 「デスノート」は、大場つぐみさんが原作、小畑健さんが作画を手がけ、2003~06年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された大人気マンガ。名前を書かれた者が死ぬ「デスノート」を手に、自分の正義で犯罪者を裁き“理想郷”を作ろうとする夜神月(やがみ・らいと)と、名探偵「L」が頭脳戦を展開するストーリーで、テレビアニメや実写映画、舞台、ドラマにもなった。

 「デスノート Light up the NEW world」は、夜神月を藤原竜也さん、Lを松山ケンイチさんが演じた前作「デスノート」から10年後が舞台で、東出昌大さんが「デスノート対策本部」のエース捜査官の三島創、池松壮亮さんが名探偵「L」の後継者・竜崎、菅田将暉さんがキラ信奉者のサイバーテロリスト・紫苑優輝を演じる、壮絶な頭脳戦・デスノート争奪戦が繰り広げられる。

 ジャパンプレミアには戸田さん、東出さん、池松さん、菅田さんに加え、“史上最悪のデスノート所有者”青井さくら役の川栄李奈さんらも登場した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る