MANTANWEB(まんたんウェブ)

柴咲コウ:沢村一樹の名前忘れる? 極寒撮影も余貴美子、宮本信子ら豪華キャストで承諾

テレビ
ドラマ「氷の轍」の会見に登場した沢村一樹さん(左)と柴咲コウさん

 女優の柴咲コウさん主演のスペシャルドラマ「氷の轍(わだち)」(ABC・テレビ朝日系)の制作発表会見がが31日、東京都内であり、柴咲さんと共演の沢村一樹さん、余貴美子さん、宮本信子さんが出席。豪華なキャストが出演を決めた理由といいながら、沢村さんの顔を見ながら、「えっと…」と言葉に詰まり、沢村さんから「まさか、オレの名前忘れた?」とつっこまれ、「役柄とごちゃごちゃになってしまった」と言い訳していた。


  ドラマは、ABC創立65周年を記念して制作。直木賞作家の桜木紫乃さんの同名小説(小学館)が原作で、出生に秘密を抱える新人刑事・大門真由(柴咲さん)が、北海道・釧路で老人2人の変死体が見つかったことをきっかけに、釧路と札幌、青森にまたがる連続殺人事件の真相を追うことになる……というストーリー。真由の教育係となった警部補の片桐周平を沢村さん、殺害された男の死体が遺棄された水産会社の社長・米澤小百合を余さん、そこで清掃員として働き、真由とは冬のスケート場だけで顔を合わせ、“冬の友達”と呼び合う仲の兵藤千恵子を宮本さんが演じている。


 柴咲さんは、冬の北海道・釧路で20日間にわたった撮影について「寒さに弱くて、冬場の撮影はできるだけ控えるように、お断りするように生きてきた」といい「今回は、脚本も面白く、瀧本智行監督とお会いしたときに熱意を感じて引き受けました」と笑顔を見せた。孤独と屈託を抱える新人刑事のキャラクターにちなみ「くよくよするような屈託を感じた経験は」と聞かれ、「今ですね。沢村さんの名前が出てこなかった」と苦笑いすると、沢村さんから「やっぱり忘れてたのか」と再びつっこまれていた。


 また、柴咲さんは余さんについて「ハキハキとして堂々されているのに、現場では、少女のようだった」と話し、初共演だという宮本さんには「清流のような清らかな方。アメをもらったのがうれしかった」といい、沢村さんについては「共演したことがあったのですが、その頃から大ファンだった」といい「いつもおかしなことを言っている印象だけど、とても真面目な方で、現場を盛り上げてくれた」と、それぞれの印象を話した。


 ドラマは、11月5日午後9時から放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る