佐々木希:ハリウッド映画の声優初挑戦 GACKT、真壁選手と「キングコング」で吹き替え担当

映画
映画「キングコング:髑髏島の巨神」の日本語吹き替え版声優に決まった(左から)真壁刀義選手、GACKTさん、佐々木希さん

 「GODZILLA ゴジラ」の製作チームが手掛ける映画「キングコング:髑髏(どくろ)島の巨神」(ジョーダン・ボート=ロバーツ監督)が3月25日に日本で公開されることになり、女優の佐々木希さん、歌手のGACKTさん、新日本プロレスの真壁刀義選手が日本語吹き替え版の声優を務めることが3日、明らかになった。ハリウッド映画の吹き替え声優初挑戦という佐々木さんは、「お芝居とはまた違った難しさがあるのではないかと今から非常に緊張していますが、ずっと吹き替えに挑戦してみたかったので、とてもうれしく思います」とコメントを寄せている。

 「キングコング:髑髏島の巨神」は、未知の生物を求めて南太平洋にある謎の島に潜入した調査遠征隊が、島の守護神・コングと出会い、さまざまな巨大生物に攻撃されて逃げ惑う……というストーリー。

 佐々木さんはブリー・ラーソンさんが演じている写真家・ウィーバー、GACKTさんはトム・ヒドルストンさん扮(ふん)する髑髏島へ派遣された調査隊リーダーのコンラッド、真壁選手は怖いもの知らずのソルジャーの声をそれぞれ務める。

 GACKTさんは「まさに超一流のエンターテインメント。映画ファンはもちろん『キングコング』を知らない若者たちに、このぶっ飛んだすごさを体験してもらいたい」、真壁さんは「最高にうれしいオファーだぜい! この映画、そんなに甘くねーぞ!」とコメントしている。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る