NEWS ZERO:最年少10代キャスター誕生 現役上智大生・杉山セリナ抜てき

テレビ
「NEWS ZERO」の新キャスターに抜てきされた杉山セリナさん

 タレントで上智大学1年の杉山セリナさん(19)が、日本テレビ系のニュース番組「NEWS ZERO」の新キャスターに起用されることが2日、分かった。杉山さんは番組史上最年少となる初の10代キャスターとして、4月7日の放送から金曜のカルチャーコーナーと天気コーナーを担当する。

 日本語と英語、スペイン語を話す“トリリンガル”の杉山さんは、今回のキャスター起用について「すごく驚きました。まだ大学1年、芸歴も2年目で私でいいのかなって不安があった」と言いつつ、「メキシコで6年間住んだことがあって、海外の経験をどのように生かせるかって考えていた。英語やスペイン語でインタビューして、直接コミュニケーションをして、俳優さんやミュージシャンから直接受けた印象を伝えたいと思っています」と意気込んでみせた。

 杉山さんは1997年9月24日生まれ、静岡県出身。身長170センチ。父親がメキシコ人、母親が日本人で、3~4歳をアメリカ、5~11歳をメキシコで過ごした。昨年2月、フジテレビ系の人気番組「ワイドナショー」に“ワイドナ現役高校生”として登場し、メディアデビューした。

 自分の武器は「コミュニケーション力」という杉山さんは、「三つの国で生きてきて、海外では自分から話さないと何も生まれないし、放っておかれるので、聞きたいこと、取材したいことを積極的にやっていきたい」とにっこり。インタビューしてみたいのは米女優のスカーレット・ヨハンソンさんで「大好きで、憧れの女性です」と話していた。

 また大学生活については「すごく楽しいです。学校の雰囲気や友達も合うし、教授の方も面白いし、充実しています」と笑顔で明かし、「2年になって課題も結構、増えると思うんですけど、時間の管理をもっと細かく、しっかりスケジュールを立ててやっていきたい」と力を込めていた。

 杉山さんについて、三浦俊明プロデューサーは「語学力や海外経験はもちろん、周りを明るくする雰囲気が魅力です」と印象を明かし、「その若さや伸びしろに大きな可能性を感じています。番組としては特に若い視聴者との新たな懸け橋になっていただくことを期待しています」と話していた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る