LPGA女子ゴルフ:野村敏京選手「良い流れでいけるように」 畑岡奈紗選手「トップ10目指して頑張りたい」

テレビ
「ソーンベリー・クリークLPGAクラシック」に出場する野村敏京選手(C)Getty Images

 野村敏京選手や畑岡奈紗選手らが出場するLPGA女子ゴルフツアーの「ソーンベリー・クリークLPGAクラシック」が7日、米ウィスコンシン州のソーンベリー・クリーク・アット・オネイダで開幕する。WOWOWでは連日生中継で放送する。野村選手と畑岡選手が開幕前にWOWOWのインタビューに応じ、意気込みなどを語った。

 ◇野村敏京選手

 ――現在の体調はいかがですか?

 しっかり食事もとれていますし、大丈夫です。

 ――先週の「全米女子プロゴルフ選手権」(36位タイ)の手ごたえは?

 いくつかの場面でパットが入ってくれたらもう少し良いスコアで終われたと思うのですが、それもいい経験になりました。ゴルフ的には悪くなかったと思います。

 ――良かった点はありますか?

 攻めていくホールはしっかり攻めて、それがいい流れになったことも何回かあったので、そういう部分では良かったと思います。

 ――来週は「全米女子オープン」ですが、どのようなことを心がけていますか。

 全米女子オープンはショートゲームがうまい選手が上に行く大会です。ただ今週はコースが広いですし、またパットが重要です。コースはそんなに難しくないので、バーディーを多くとることが大事だと思います。今週と来週はパットですね。

 ――新設された今大会ですが、コースの印象はいかがですか?

 広いですし、スコアも結構出やすいかなと思います。

 ――どのような攻略法を考えていますか?

 攻略法はフェアウエーキープ、セカンドショット、パットですね。

 ――この大会の意気込みをお願いします。

 来週は大きい大会(メジャー)なので、良い流れでいけるようにプレーします。

 ◇畑岡奈紗選手

 ――先週は自身初のメジャー大会(全米女子プロゴルフ選手権)でしたが、大舞台に立った感想は?

 すごく勉強になりました。メジャーのセッティングではグリーンが硬かったり速かったりしたので、そこをうまく対応していかないといけないと思いました。

 ――今後につながる収穫はありましたか?

 ショットの安定感がもっと必要だなと思いました。あとはメジャーのセッティングになると、必ずしもどんどんピンを狙っていけるわけではないので、そういうところでいかにパーを拾ってカバーしていけるかですね。

 ――他の選手を見て勉強になることはありますか?

 やっぱりトップ選手はチャンスをしっかりものにしてくるので、メジャーに限らずどの試合でもそうですが、無理をしないで、とれる場面でとるプレーをしていければいいかなと思います。

 ――シーズン前半を振り返っていかがですか?

 なかなか思ったような試合はできていないですが、あっという間に感じました。

 ――ルーキーイヤーとしては、振り返っていかがですか?

 コースが毎回新しいので、なかなか練習ラウンドの時間もとれなくて難しい部分もありますが、すごく良い経験ができていると思います。

 ――後半戦に向け、課題と抱負は。

 今回はコーチも来てくれて基本に立ち返った部分もあるので。それを続けていって上位に入れれば、まだまだ賞金シードも諦める位置ではないので頑張りたいと思います。

 ――新設された今大会ですが、コースの印象はいかがですか?

 コースはすごく奇麗ですが所々が狭いので、ティーショットに気をつけます。またグリーンはそこまで硬くないのでどんどんピンを狙っていきたいと思います。

 ――攻略法はもう考えていますか?

 ティーショットが広いホールが多いので、そこで思い切り振っていけたらいいなと思います。

 ――この大会の意気込みをお願いします。

 このコースは自分に合っていると思うので、トップ10目指して頑張りたいです。

 *……WOWOWでは、LPGA女子ゴルフツアーの「ソーンベリー・クリークLPGAクラシック」を7~10日に連日生中継。7日の第1日はWOWOWプライムで午前7時から、8日の第2日は午前7時から、9日の第3日は午前6時半から、10日の最終日は午前6時半から放送。7、8日は無料放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る