MANTANWEB(まんたんウェブ)

尾上松也:ジェダイ姿で“スター・ウォーズ愛”語る 「ライトセイバーの格好良さに魅了された…」

映画
映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のスペシャル・ファンミーティングに登場した尾上松也さん

 歌舞伎俳優の尾上松也さんが11日、東京都内で開かれた映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」(ライアン・ジョンソン監督、12月15日公開)のスペシャル・ファンミーティングに出席した。大のスター・ウォーズ好きという松也さんは、ライトセーバーを手にジェダイ風のローブを羽織った姿で登場し、「テレビで放送された『エピソード4』を見て、ライトセイバーの格好良さに魅了されて……」とファンになったきっかけを明かし、「改めて大人になってスター・ウォーズを理解できるようになってから、もっと楽しい」と魅力を語った。

 イベントには、来日中のジョンソン監督も出席し、今作のこだわりについて「最高のスター・ウォーズのムービーを作りたいと思った。自分の内なるスター・ウォーズファンを信頼して作ろうと思った」と説明。松也さんは「スター・ウォーズのファンで製作に関われるなんて夢の夢ですよね」とうらやみつつ、「でも複雑ですよね。知らないでもいいこともあるのがファン心理」と推し量ったが、ジョンソン監督は「自分もそれを心配したんですが、そういうことが起こらず、スター・ウォーズ愛が深まりました」と明かし、松也さんに対して「機会があったら心配しないで飛び込んで」と呼びかけていた。

 この日は、松也さんとともに女優の河北麻友子さんもゲストとして出席したほか、C-3POやR2-D2、BB-8というスター・ウォーズでおなじみのドロイドも登場。河北さんは「ニューヨークで生まれ育って、物心が付く前からずっと見ていた」とスター・ウォーズについて話していた。

 「最後のジェダイ」は、新「スター・ウォーズ」3部作の第1作「フォースの覚醒」に続く新作。前作「フォースの覚醒」は、「エピソード6/ジェダイの帰還」から約30年後を舞台に、フォースを巡る新しい“家族の愛と喪失の物語”が描かれた。ルークやハン・ソロ、レイアといった旧シリーズでおなじみのキャラクターも登場して話題になった。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る