MANTANWEB(まんたんウェブ)

東山紀之:報道生番組のキャスターに「51歳で初めてのチャレンジ」 海外取材もいとわず

テレビ
「サンデーLIVE!!」の会見に出席した(左から)テレビ朝日の林美桜アナウンサー、小木逸平アナウンサー、朝日放送のヒロド歩美アナウンサー、「メ~テレ」の濱田隼アナウンサー

 俳優の東山紀之さんが14日、東京都内で開かれたキャスターに初挑戦する報道生番組「サンデーLIVE!!」の会見に出席した。東山さんは「僕をキャスターという形で迎えていただいたテレビ朝日の勇気に感謝します。51歳で初めてのチャレンジになりますが、いい年を迎えられるようこの(出演アナウンサー4人の計)5人で頑張りたい」と意気込みを見せた。

 会見には、テレビ朝日の小木逸平アナウンサー、新人の林美桜アナウンサー、朝日放送のヒロド歩美アナウンサー、「メ~テレ」の濱田隼アナウンサーも出席した。小木アナは東山さんから勉強会で「報道は、なぜ報道というのですか?」と質問されて即答できなかったエピソードを紹介した。東山さんは「(報道の由来は)ずっと疑問に思っていた」と答え、合わせて「自分が親になって、子供の疑問に答えられる大人でいたい」と話した。さらに「新聞のスクラップを三十数年続けている。新聞の切り抜きから役作りをするためですね」と演技のために普段からニュース触れていたことを明かした。

 キャスターの打診は「ドラマ(『刑事7人』)を撮っているときに事務所に呼ばれた。『僕の仕事のペースを考えると(キャスターの仕事が)できるのか?』と言われているようで火がついた。『無理』と思われるならやってみようかな、と。すぐ決めました」と話したものの、「(番組が)午前5時50分から放送開始と後で知り、『僕は何時に起きるのかな?』と決めた後に恐ろしさを感じた」と話して関係者を笑わせた。

 最近気になるニュースを聞かれると「北朝鮮(核兵器、ミサイル問題)のニュース。僕だけでなく皆さんそうだと思います」と即答し、現場取材についても「多少危険なところでもぜひ行きたい。現場の空気感を感じることは大事。海外も含めて」と意気込んだ。

 「サンデーLIVE!!」は、「日曜の朝だからこそ知っておきたい」をテーマに、政治、経済、国際社会、大事件や事故、災害、天気情報などの最新のニュースを2時間40分にわたり生放送で伝える。10月1日から毎週日曜午前5時50分(一部地域は午前6時20分)から放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る