愛してたって、秘密はある。:“本当の完結編”がHuluで配信 福士蒼汰が二重人格に…

ドラマ「愛してたって、秘密はある。」のHuluオリジナルストーリー「僕は誰だ?」のワンシーン (C)NTV
1 / 4
ドラマ「愛してたって、秘密はある。」のHuluオリジナルストーリー「僕は誰だ?」のワンシーン (C)NTV

 俳優の福士蒼汰さん主演の連続ドラマ「愛してたって、秘密はある。」(日本テレビ系)の最終回が17日に放送され、最終回の放送終了後からインターネット動画配信のHulu(フールー)で“本当の完結編”となるオリジナルストーリーの配信がスタートした。

 テレビドラマの最終回では、福士さん演じる主人公の奥森黎(れい)が解離性同一性障害であることが判明したが、オリジナルストーリーは、警察の取調室を舞台に、黎のもう一つの人格である「朔」との内面での対話や、川口春奈さん演じる恋人・爽(さわ)との愛の行方が描かれるという。

 福士さんは今回のオリジナルストーリーについて「今回、約30ページに及ぶ一人ぜりふの台本をいただいて、自分にとっては今までにないチャレンジだなと思いましたが、最後に奥森黎・朔としっかり向き合えた気がします。新たな自分に気づくこともできました。この物語の結末を皆さんに見届けていただきたいです」とコメントを寄せている。

 「愛してたって、秘密はある。」は、企画原案を秋元康さんが手がけ、「父親を殺した」という“秘密”を抱える主人公が、結婚を目前に控えながら、過去の秘密によって何者かに追い詰められていく姿を描くミステリー。秘密を抱えながら生きてきた、弁護士志望の司法修習生の主人公・奥森黎を福士さんが演じ、川口さんのほか、鈴木保奈美さん、吉川愛さん、賀来賢人さん、柄本時生さんらも出演した。

 Huluのオリジナルストーリーは、前編が17日のテレビドラマ放送終了後から配信、後編が24日から配信される。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事