MANTANWEB(まんたんウェブ)

堤幸彦:葉加瀬太郎コンサートを総合演出し自画自賛? 「面白さが尋常ならざるレベル」

テレビ
葉加瀬太郎さん(右)と全国ツアーの総合演出を手掛けた堤幸彦監督

 「TRICK」「SPEC」シリーズの堤幸彦監督が総合演出を手掛けたバイオリニスト・葉加瀬太郎さんの全国ツアー「コンサートツアー2017『VIOLINISM 3』」のうち、12月27日の東京・国際フォーラム(東京都千代田区)公演の模様がWOWOWで生中継される。堤監督は「葉加瀬さんは毎年、クオリティーの高いコンサートを開いていますが、今回は特にエンターテインメント性が強い。それも葉加瀬さんにしかできない面白さが尋常ならざるレベルで高まっている。最初の一言から、劇的な変更を遂げたクライマックスまで、見逃すところはありません」と“自画自賛”を交えて、魅力を語っている。

 コンサートは、架空のイタリアの田舎町“クレルモンナーラ”の音楽会に、葉加瀬さんが扮(ふん)するバイオリン職人のアントニオ・タロンティーノたちが登場するという、遊び心たっぷりの冒頭のムービーをはじめ、これまでにない音楽劇的演出が評判を呼んでいる。

 堤監督は「演出をするときは『5分に1回は笑いを入れたい』という考えなので、望むところというか、非常に前のめりになってやらせてもらいました」と明かすと、葉加瀬さんも「大人がくだらないことを一生懸命やっている。それが楽しくてしょうがない」とうれしそうに笑う。

 さらに堤監督が「そのくだらないことも、葉加瀬さんたちのハイレベルな演奏があるから、生きるんですよね。そういう落差が最大の見どころです」とアピールすると、葉加瀬さんは「そのギャップをここまで形にしていただいたのは初めて。僕はすっかり堤さんに恋をしてしまったみたいです(笑い)」とご満悦の様子だった。

 番組「生中継!葉加瀬太郎コンサートツアー2017『VIOLINISM 3』」は、WOWOWライブで12月27日午後6時半に放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る