MANTANWEB(まんたんウェブ)

ケイン・コスギ:14年ぶり「モンスターボックス」参戦 世界記録に自信

テレビ
18年1月1日放送の「究極の男は誰だ!?最強アスリート元日決戦!」で14年ぶりに「モンスターボックス」に挑戦するケイン・コスギさん (C)TBS

 俳優のケイン・コスギさんが、2018年1月1日に放送される特別番組「究極の男は誰だ!?最強アスリート元日決戦!」(TBS系)で、跳躍力ナンバーワンを決める巨大跳び箱競技「モンスターボックス」に14年ぶりに参戦することが21日、分かった。ケインさんは「池谷(直樹)さんが(世界記録の)23段を跳んだとき、目の前で見ていましたから、今回、自分も跳びたいなと思います。一番いい跳び方で跳べば23段は超えられるはず。本当に全部が合っていれば跳べる高さですね」と自信をのぞかせた。

 番組は、一流アスリートやスポーツマン芸能人が集結し、「誰が一番身体能力がスゴいのか」を決めるスポーツバラエティー。「モンスターボックス」にはケインさんのほか、16年リオ五輪男子体操最多メダル獲得者のデニス・アブリャジン選手(ロシア)、17年トランポリン世界選手権男子団体で銅メダルを獲得した日本チームの若きエース・岸大貴選手、走り高跳びで日本選手権3度優勝を誇る高張広海選手の参戦も決定した。

 東海発の5人組男性アイドルグループ「MAG!C☆PRINCE(マジックプリンス)」のリーダー・平野泰新さんが“世界記録保持者”として、ケインさんらを迎え撃つといい、世界新記録24段(316cm)が生まれるのか、大きな見どころとなる。

 ケインさんは「20代のころの絶頂期を超えたいという意識はずっとありました。今でもパワーや瞬発力はそんなに変わっていないと思います」といい、「だからここ20年ぐらい後悔していたというか、今でも本当のベストだったら絶対に23段は跳べるはず。そんな時の依頼でしたので、久しぶりにもう一回チャレンジしてみようと思いました」と14年ぶり参戦の理由を説明する。

 さらに一流アスリートや世界記録保持者との対決については「同じ土俵で戦えるのは本当に光栄です。そういう一流選手は自分がライバルというか、他の選手がどうというよりは自分に勝たないといけない。そういう選手たちを見られるのがうれしいですね。とにかく自分は、自分の記録(22段)を超えたいです」と静かな闘志を燃やしていた。

 「究極の男は誰だ!?最強アスリート元日決戦!」は18年1月1日午後6時~同9時に放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る