MANTANWEB(まんたんウェブ)

今週のコウノドリ:ついに最終回 今後を悩む四宮を連れてサクラが“ある人物”の元へ 白川は下屋に思いがけない言葉を

テレビ
ドラマ「コウノドリ」最終回の場面写真(C)TBS

 俳優の綾野剛さん主演の連続ドラマ「コウノドリ」(TBS系、金曜午後10時)の最終回が12月22日に15分拡大で放送される。産科医・鴻鳥(こうのとり)サクラ(綾野さん)や、ペルソナ総合医療センターの同僚が、医師として、人としてどうあるべきか、自らの進むべき道を思い悩み、それぞれ決断し進んでいく――。

 サクラは、出生前診断でおなかの赤ちゃんがダウン症候群と診断を受けるも産むことを決意した透子(初音映莉子さん)と向き合っていた。まだ不安が拭えない透子に今橋(大森南朋さん)はある“詩”を教える。

 父・晃志郎(塩見三省さん)が亡くなったため「ペルソナを頼む」と告げて地元に帰った四宮(星野源さん)は、自らの今後について悩んでいた。そんな四宮を、サクラはある人物の所に連れて行く。

 白川(坂口健太郎さん)は、新たな研修先を見つけたため、ペルソナを離れることに。学生時代からずっと共に過ごしてきた下屋(松岡茉優さん)は「寂しくない」と強がる。下屋に、白川は思いがけない言葉をかける。

 小松(吉田羊さん)の同期、武田(須藤理彩さん)が出産日を迎える。順調のはずの出産にまさかの出来事が起きる……。

 ドラマは週刊マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中の鈴ノ木ユウさんの医療マンガが原作。2015年10月期に放送され、鴻鳥サクラを軸に、医療だけでなく、赤ちゃんや妊婦、その家族にまつわる物語が展開された。

 今回の新シリーズは、前作の2年後を舞台に「生まれること、そして生きること」というテーマで、原作のエピソードをベースに、オリジナルで取材した題材を加えて描く。前作にも出演した松岡さん、坂口さん、星野さん、大森さん、吉田さんらのほか、佐々木蔵之介さん、松本若菜さんらも出演。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る