MANTANWEB(まんたんウェブ)

大地真央:瀧本美織と共に越路吹雪の記念碑に参拝 “女王”に共感の気持ちも

テレビ
故・越路吹雪さんの記念碑を参拝した大地真央さん(左)と瀧本美織さん

 ドラマ「越路吹雪物語」(テレビ朝日系)で、故・越路吹雪さんを演じる女優の大地真央さんと瀧本美織さんがこのほど、善福寺(東京都港区)にある越路さんの記念碑を参拝した。越路さんの絶頂期を演じる大地さんは「尊敬する大上級生のすばらしい魅力を、長所短所も含めて人間味あふれる演技ができますように」、青年期を演じる瀧本さんは「宝塚出身のキャストだったり、たくさんの方に支えられて楽しく撮影しています。温かくお見守りくださいと伝えました」と語った。

 ドラマでは、「落ちこぼれ」といわれた越路さんの宝塚時代から、マネジャーで作詞家の故・岩谷時子さんとの運命的な出会い、戦争を乗り越えた2人が二人三脚でトップスターへ駆け上がっていく軌跡が描かれる。

 参拝後の会見で大地さんは、越路さんについて「大胆ですが小心。出演ギリギリまで震えていたそうですが、出たらわーっとなったそうです。足元にも及びませんが、私もそういうところがあるので、分かるような気がします」と共感していた。

 岩谷さんとの思い出について大地さんは「私が宝塚を卒業して『プリンセス・モリー』が初めての舞台だったのですが、岩谷先生が作詞と翻訳だったと思います。私のことを『真央ちゃん』とおっしゃって。優しい、ゆっくりしたテンポでしたが、おっしゃることは芯が通っているというか。しっかりしていらっしゃる方なのだなと。可愛がってくださいました」と振り返った。

 大地さんは、初対面となる瀧本さんについて「瀧本さんの男装(写真)を見て『宝塚に入ればいいのに』と思いました。目力もすごい方なので、私から言うのもなんですが青年期の役は『ピッタリ』と思いました」と話し、「瀧本さんがタカラジェンヌになるところも魅力だと思います」と絶賛。瀧本さんも照れ笑いしていた。

 越路さんは、宝塚音楽歌劇の男役トップスターとして活躍し、退団後は歌手、女優として活動。日本を代表する作詞家・岩谷さんとタッグを組んで「愛の讃歌」などシャンソンを多くカバーしたことから“日本シャンソン界の女王”と呼ばれている。ドラマは8日から毎週月~金曜午後0時半に放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る