MANTANWEB(まんたんウェブ)

注目映画紹介:「空海 KU-KAI-美しき王妃の謎-」染谷将太が若き修行僧に めくるめく映像美と壮大な物語に圧倒

映画
映画「空海 KU-KAI 美しき王妃の謎」の一場面(C)2017 New Classics Media, Kadokawa Corporation, Emperor Motion Pictures Shengkai Film

 俳優の染谷将太さんが、若き日の空海に扮(ふん)した日中合作映画「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」(チェン・カイコー監督)が24日からTOHOシネマズシャンテ(東京都千代田区)ほか全国で公開される。空海が唐の都・長安を揺るがす怪事件の謎を追うファンタジーアドベンチャー。絢爛豪華(けんらんごうか)なセットや美術、壮大な物語に圧倒される。

 1200年以上前、長安で権力者が次々と奇妙な死を遂げる怪事件が起きていた。密教の教えを求め唐に渡っていた空海(染谷さん)が、詩人の白楽天(のちの白居易=ホアン・シュアンさん)とその謎を追ううちに、約50年前に唐に渡った阿倍仲麻呂(阿部寛さん)と、彼が仕えた玄宗皇帝(チャン・ルーイーさん)、そして皇帝が愛した楊貴妃(チャン・ロンロンさん)の存在が浮かび上がる……というストーリー。日本からは松坂慶子さん、火野正平さんらも出演。RADWIMPSの主題歌「Mountain Top」が作品を彩る。

 原作は、夢枕獏さんの中国伝奇小説「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」。文庫本4冊の壮大な物語から抜粋して2時間余りの作品に仕上げた。個人的には、原作のドロドロした愛憎劇の部分が希釈されていたのは少し残念だが、それでも見応えは十分。東京ドーム約8個分にもなるという長安のセットは本物と見まがうばかりで、空海が密教を授かった青龍寺のセットは、現在では本物の寺として使われ、僧侶たちが住んでいるというから驚く。

 皇帝が楊貴妃のために催す「極楽の宴」の場面。竜宮城を思わせる幻想的な装飾、砕けた陶磁器が花の模様となって床に散り、竜が宙を舞うなど、めくるめく映像美に陶然となった。目を見張ったのは“妖猫”の熱演。VFX(特殊視覚効果)と分かってはいるものの、表情があまりに自然で見入ってしまった。

 剃髪した染谷さんに空海役はしっくりとなじみ、優雅でありながらどこかひょうひょうとしたたたずまいには、原作ファンも納得するのではないか。日本語吹き替え版上映のため、染谷さんが習得した中国語を聞くことはできないが、吹き替え版のキャストには、染谷さんが空海を担当したほか、高橋一生さん、吉田羊さん、東出昌大さん、イッセー尾形さんら豪華な俳優陣が顔をそろえた。字幕を読む必要がない分、ミステリアスな物語と圧巻の映像、俳優たちの表情を堪能できる。(りんたいこ/フリーライター)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る