大野拓朗:朝ドラに続き映画でも芸人役 おさむ師匠宅で若手見て参考に 

映画「台湾より愛をこめて」の初日舞台あいさつに登場した大野拓朗さん
1 / 13
映画「台湾より愛をこめて」の初日舞台あいさつに登場した大野拓朗さん

 俳優の大野拓朗さんが24日、東京都内で行われた映画「台湾より愛をこめて」(三原慧悟監督)の初日舞台あいさつに登場。NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「わろてんか」のキース役でも知られる大野さんは、映画では売れない芸人を演じており、「ボク、どんだけ芸人っぽいんだよ」と客席に訴え、笑いを誘った。

 それでも大野さんは「バラエティーでも爪痕を残そうとするタイプ」と自分の芸人気質を認めると、「(朝ドラの撮影で)大阪に行ってから芸人さんと親しくさせていただいて、吉本新喜劇の方、ぼんちおさむ師匠とか。おさむ師匠の家には何度も遊びに行かせていただいて、そこで若手芸人さんを見て、普段からこういう感じなんだとか、ガツガツ笑いを求めていたり、アンテナを張っている感じとか、日常の会話の中で練習している感じがして。いろいろと教わりました」と役作りの一端を明かしていた。

 映画は、台湾を舞台に夢を追う若者たちをドキュメンタリータッチで描いた青春ロードムービー。5年前、雄介(大野さん)と光一(落合モトキさん)は漫才師として成功することを夢みており、またリンも台湾で歌手になるという夢を目指し、「3人の夢がかなったら、もう一度この場所で再会しよう」と台湾の海辺で約束をする。ところが雄介と光一は3年前にコンビを解散。すでに光一はお笑いの道をあきらめ会社員に、雄介はピン芸人を続けるも売れない日々に悩んでいた。そんな雄介の心情を知り、光一がいまから台湾に行こうと言い出す……というストーリー。

 舞台あいさつには大野さん、落合さんに加え、夢を追う少女メイ役の岡本夏美さんも登場した。

写真を見る全 13 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る