しゃべくり007:高木美帆選手の“女の子”な素顔が明らかに 女子団体パシュートの4人が登場 

「しゃべくり007」に出演した(上段2人目から)菊池彩花選手、高木美帆選手、高木菜那選手、佐藤綾乃選手
1 / 5
「しゃべくり007」に出演した(上段2人目から)菊池彩花選手、高木美帆選手、高木菜那選手、佐藤綾乃選手

 2月に開催された平昌(ピョンチャン)五輪で金メダルを獲得したスケート女子団体パシュート日本代表の高木菜那選手、高木美帆選手、佐藤綾乃選手、菊池彩花選手が、9日に放送されるトークバラエティー番組「しゃべくり007」(日本テレビ系、月曜午後10時)に出演することが7日、明らかになった。番組では金メダル獲得の裏側や、選手たちの素顔について明かしている。

 今回の番組出演は、平昌五輪の最終日に関係者が4人に「どのテレビ番組に出たいか」と尋ねたところ、「しゃべくり!」と即答したことから実現。4人そろってのテレビ番組出演は、シーズン後初めてとなる。「一年の9割をジャージーで過ごす」という4人だが、今回は思い思いにおしゃれをして登場。番組MCのネプチューン、くりぃむしちゅー、チュートリアルが「サマンサタバサのプレスみたい」「すげえアイドル性がある」と絶賛する中、美帆選手は「ヒールをあまりはかないので膝が震えてる」と素直な感想を語り、スタジオから笑いが起こる場面もあった。

 また、くりぃむしちゅーの上田晋也さんから「パシュートは絶対金メダルって事前に言われてたじゃないですか。それがプレッシャーにはならなかった?」と聞かれると、菜那選手は「プレッシャーはすごく感じてました。自分たちも金メダルを取りたいと思っていたのと、周りの期待も合わさってすごく緊張してたんですけど、(トラックに)立った瞬間はそれが力に変わりました」と振り返った。また、「決勝前にすごい緊張しちゃってずっとしゃべってたんです。綾乃に話かけるんですけど、緊張していて返してくれないから一人でしゃべってるみたいになっちゃって。(そしたら美帆に)『そろそろうるさくない?』って怒られました」とほほ笑ましいエピソードも披露した。

 菜那選手は「一年間ほとんどの日を一緒に過ごしていた」ため、「誰かが今、怒ってるかなというのは、すぐ察せられるようになった」といい、特に「美帆はすぐ怒る。私がばかな行動をしていると、すぐ怒られる」と話した。一方、菊池選手は「(美帆選手は)しっかり者だけど、ワンコみたい」といい、「スケートの時は集中してああいう顔をしているけれど、プライベートでは彩花さ~ん♪って人懐っこい感じ」と意外な一面を明かし、佐藤選手も「(美帆選手は)クールなイメージがあると思うんですけど、すごい女の子。恋バナが好き」と素顔について語っている。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る