MANTANWEB(まんたんウェブ)

ひそねとまそたん:樋口真嗣総監督アニメが先行上映 ヒロインのモデルはナディアや「エヴァ」アスカ

アニメ
アニメ「ひそねとまそたん」の放送前夜祭イベントに登場した(左から)樋口真嗣総監督、久野美咲さん、黒沢ともよさん、福本莉子さん

 映画「シン・ゴジラ」の監督などで知られる樋口真嗣さんが総監督を務めるテレビアニメ「ひそねとまそたん」の放送前夜祭イベントが11日、東京都内の劇場で開かれ、第1話と第2話が先行上映された。上映後に舞台あいさつに立った樋口総監督は、思ったことを口にして周囲を混乱させる“超天然”のヒロイン・甘粕ひそねについて、「ひそねをドキドキしながら送り出した、(観客に)嫌われたらどうしようかと思った」と心境を明かした。

 また、ヒロインのモデルについて質問された樋口さんは、自身も制作にかかわったアニメ「ふしぎの海のナディア」のナディアや「新世紀エヴァンゲリオン」のアスカなどの名前を挙げ、「自分の中で『女の子はこういうもの』と思っていたので。性格やコントラストが強くないといけないと思っていた」と説明。ひそねの声を担当する久野美咲さんから「ひそねさんは樋口さんのタイプ?」と質問されると、樋口さんは「タイプだし理想かも。こういう人が人生を面白くすると思うのは俺だけ?」と話していた。

 舞台あいさつには、ひそねの同僚・貝崎名緒役の黒沢ともよさん、アニメのオープニングテーマ「少女はあの空を渡る」を担当した第8回「東宝シンデレラ」オーディションのグランプリに選ばれた福本莉子さんも出席した。

 アニメは、航空自衛隊の岐阜基地で勤務を始めた新人・甘粕ひそねが、基地に隠された戦闘機に擬態するドラゴンの飛行要員になる……というストーリー。「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の岡田麿里さんが脚本、「マクロス」シリーズの河森正治さんがメインメカニックデザインを担当し、「交響詩篇エウレカセブン」のボンズが制作する。4月12日深夜からTOKYO MXほかで順次、放送される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る