MANTANWEB(まんたんウェブ)

スティーブン・スピルバーグ:若手クリエーターとのトークイベント・下 映画監督になろうと思ったきっかけは?

映画
映画「レディ・プレイヤー1」のトークセッションイベントに登場したスティーブン・スピルバーグ監督

 13年ぶりに来日したスティーブン・スピルバーグ監督が19日、東京都内で行われた新作映画「レディ・プレイヤー1」(20日公開)のトークイベントに、キャストのタイ・シェリダンさん、オリビア・クックさん、森崎ウィンさんとともに登場。映画業界を目指す学生やクリエーター、YouTuberらが参加し、“ヒット映画の作り方”というテーマでトークセッションした。

 参加者の質問と、登壇者の回答は以下の通り(敬称略)。

 ――映画監督になろうと思ったエピソード、きっかけを教えてください。

 スピルバーグ:子どものころって、大人の言う通りにしなければいけないので、コントロールできないですよね。12歳のころ、父の8ミリカメラで映像を撮り、「あっ、カメラを通せば、世界をコントロールすることができる」ということを理解したんです。現実世界では難しいことでも、映画であればできないことをできるんだと気づきました。

 おもちゃの電車があったんですね。電車が壁に衝突するシーンを撮ったんですが、父親から「このおもちゃを壊したら取り上げるぞ」と言われてしまいました。、そこで8ミリカメラを衝突させれば、大丈夫だと気付いたんですね。何度もそういうことをやっていました。

 ◇映画の中に入りたい?

 ――もしバーチャル世界の「OASIS(オアシス)」があったら、何をしたいですか?

 シェリダン:テレパシーを使えたらいいなと思うんですね。みんな違う言葉を使うので、コミュニケーションが遮られているんですが、テレパシーが使えれば、そんなこともないですし。

 後は、宇宙をバーチャルで作り直して、そこで旅行できればと思います。宇宙旅行をしたいと思っていまして、何かの記事で読んだんですけど、宇宙飛行士が宇宙旅行した時に、手で地球が隠れてしまったそうです。地球がそれほど小さかったと聞いて、「僕たちそんなに小さいんだ」って思いました。小さいころからの夢である宇宙旅行をできたらいいなと思います。

 クック:私の世界はミュージカルシアターのようなものです。コミュニケーションするのも歌を使ったりします。そして兵器を使った戦争がなく、曲で戦争をする。それが私のOASISです。

 森崎:マイケル・ジャクソンと一緒に歌いたいです。「ビリー・ジーン」ですかね。一緒にステージに立って歌えたら最高ですね。

 ――監督は森崎さんがミュージシャンだとご存じでしたか。

 スピルバーグ:今回の作品には彼の才能を使って、歌って踊るシーンがなかったです(笑い)。

 ――監督はOASISがあったら?

 スピルバーグ:「もしOASISがあったら」ではなく、いつかできると思うんですが、私は自分のお気に入りの映画の中に入っていきたいんですね。ですけれど、私は俳優ではないので、キャラクターとして入っていくのではなくて、カウチや花瓶になって映画を別のアングルから見てみたいです。

 ◇メッセージは「映画で見つけて」

 ――監督が映画を作る上で大切にしているテーマやメッセージを教えてください。

 スピルバーグ:今回は13年ぶりですが、私はこれまで、何度も映画で来日しました。そのたびに「日本の方にメッセージを」と言われて答えていたんですけど、今回の映画は皆さん自身で考えてほしいと思います。私がメッセージを言ってしまうと、みなさんそれに合わせてしまうと思うんですね。
 
 メッセージはたくさんあるので、自分の価値観に合うものを探してください。この映画なら、現実対バーチャルリアリティーとか、チームに入った方がいいのか、一匹オオカミの方がいいのかとか。皆さんが、どんなメッセージがあるのかを見つけてください。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る