MANTANWEB(まんたんウェブ)

機動戦士ガンダム THE ORIGIN:“ザビ家”声優が集合 アニメプロジェクト完結で安彦総監督は「夢のよう」

アニメ
アニメ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の第6話「誕生 赤い彗星」の上映記念舞台あいさつに登場した(後列左から)三宅健太さん、渡辺明乃さん、柿原徹也さん、谷口理プロデューサー、(前列左から)安彦良和総監督、池田秀一さん、浦山迅さん、銀河万丈さん

 アニメ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の第6話「誕生 赤い彗星」(安彦良和総監督)の上映記念舞台あいさつが6日、東京都内で行われ、シャア・アズナブル役の声を担当した池田秀一さんと、浦山迅さん、銀河万丈さん、三宅健太さん、渡辺明乃さん、柿原徹也さんら“ザビ家”声優が登場。ギレン・ザビ役の銀河さんはザビ家が一堂に会したことについて「父(デギン・ソド・ザビ)の顔も兄弟たちの顔もなんか新鮮です。リニューアルした中で、一人だけ昔の匂いをぷんぷん背負っておりまして、申し訳ありません」と笑いを交えて語り、ドズル・ザビ役の三宅さんは「こうやって並ぶと、ピッと身が引き締まりますね。うれしい限りでございます」と喜びを語った。

 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」は、アニメ「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザインや作画を担当した安彦さんのマンガを基に描くシリーズ。第6話は、ジオン軍の若きエースパイロットのシャア・アズナブルが赤いモビルスーツによる活躍で名を上げて、赤い彗星(すいせい)と呼ばれるようになり、地球連邦軍はジオン軍に反撃すべくV作戦を計画する……という展開。第6話でアニメプロジェクトが完結となる。

 デギン・ソド・ザビ役の浦山さんは「あっという間の夢のような4年間でした」と感慨深げで、「一番最初に安彦先生に『デギン・ソド・ザビという人物は、悪役ではないんですよ、むしろいい人間なんです』と教わりまして、『ああそうか……』と。今回は特に先生の言葉を思い出しながら演じました」と語った。キシリア・ザビ役の渡辺さんは「本当になかなか(一族に)会えなくて。ザビ家が会えないのが逆にザビ家っぽくて面白いなんて思ってました。この機に、家族がそろえたのは本当にうれしいです」とうれしそうに語った。

 また、ガルマ・ザビ役の柿原さんは「まさかザビの兄弟を演じさせていただけるようになるなんて。新人のころ、想像もついたかどうかと考えると……あのころ想像もしなかった景色が見られるなって意味で、身の引き締まる思いです」と心境を明かし、「やっぱりザビがそろうとすごいですね」とにっこり。安彦総監督は「浦山さんがおっしゃたように、過ぎてしまうと夢のように早かったなと思います。4年余りで6時間強の映像を作ったんですが、本当はもっとしんどいだろうと思ったけど、皆さんに支えられて、幸せな時間を持てました」と振り返った。

 舞台あいさつの終盤には、銀河さんの掛け声で観客と「ジーク・ジオン」を合唱する一幕もあり、集まった観客を盛り上げた。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る