TBS古谷有美アナ:ドラマ「花晴れ」で“絵本作家デビュー” 夢かない感動「手が震えました」

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」で“絵本作家デビュー”したTBSの古谷有美アナウンサー (C)TBS
1 / 3
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」で“絵本作家デビュー”したTBSの古谷有美アナウンサー (C)TBS

 TBSの古谷有美アナウンサーが、女優の杉咲花さん主演の同局の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(花晴れ、火曜午後10時)の第4話(8日放送)で、劇中に登場する絵本のイラストを手掛けていることが分かった。古谷アナは“絵本作家デビュー”について、「小さい頃から絵を描くのがすごく好きで、趣味の延長ですけど、一生懸命やっていたことが、こういう形でつながってうれしいです」と喜んでいる。

 絵本は、主人公の音(杉咲さん)と音の許嫁(いいなずけ)の天馬(中川大志さん)が小さい頃に一緒に読んだという「むらさきの花のひめ」で、夜になると美しい紫の花に変身し、良い香りで人を引きつけるお姫様の物語。原作マンガにも登場する、物語の鍵を握る絵本で、古谷アナはドラマのスタッフと打ち合わせを重ねながら、約30枚のイラストを描き、2カ月ほどかけて一冊の本として完成させた。絵本に出てくるお姫さまは、今田美桜さんが演じる真矢愛莉をイメージしているという。

 古谷アナは、日ごろから自身の描いたイラストをインスタグラムに載せているほど絵が好きなことで知られ、それを知ったプロデューサーからのオファーで、今回の絵本制作が実現した。「お話をいただいたときには、あまりにびっくりしすぎてドラマのスタッフには言えなかったんですが、実は絵本を出すのが夢だったんです。実際に絵本になったのを見た時には感動しましたし、ちょっと手が震えました」と古谷アナは明かしている。

 ドラマは、女優の井上真央さん、人気グループ「嵐」の松本潤さんらが出演したドラマ、映画が人気を博した神尾葉子さんの人気マンガ「花より男子」(花男)の新章が原作。「花男」の牧野つくしや道明寺司らが卒業してから10年後の超金持ち名門校・英徳学園高校が舞台で、主人公の音(杉咲さん)、“第2の道明寺”ともいえる晴(平野紫耀さん)、音の許嫁(いいなずけ)で英徳学園のライバル校、桃乃園学院で生徒会長を務める天馬(中川さん)を中心にした痛快青春ラブコメディー。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る