佐藤仁美:12キロ減量後初ドラマでTOKIO松岡とバトル

テレビ
連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」の第5話に出演する佐藤仁美さん=テレビ朝日提供

 今年4月に体重12.2キロ減、体脂肪率10.5%減のダイエットに成功した女優の佐藤仁美さんが、人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さん主演の連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)の第5話(18日放送)に出演することが12日、分かった。佐藤さんがダイエット成功後、ドラマに出演するのは初めて。松岡さん演じる“女装家政夫”三田園とバトルを繰り広げる。

 ドラマは、2016年10月期に放送された連続ドラマの第2シーズン。市原悦子さんや米倉涼子さんが主演した大ヒットドラマシリーズ「家政婦は見た!」を制作した同局の家政婦ドラマで、家政婦紹介所に所属する派遣家政夫の三田園(松岡さん)が、派遣先の家庭で隠された秘密に気づいてしまい、依頼人の化けの皮をはがしていく……という内容。1年半ぶりとなる新シーズンには、剛力彩芽さん、椿鬼奴さん、内藤理沙さんが新たに加わった。

 佐藤さんは、三田園たちの依頼主である有名デザイナー・森品千恵子(宍戸美和公さん)の弟子・木口一美を演じる。第5話は、千恵子の弟子で、家政婦としても働いてきた一美は、ある日、千恵子が自分のデザインを盗用していることに気付く。真偽を確かめようとした一美は、千恵子と口論になりもみ合ううちに、千恵子が棚の角に頭をぶつけ倒れてしまう。そこへ、三田園と麻琴(剛力さん)らが現れ……という展開。ドラマは毎週金曜午後11時15分放送(一部地域では放送時間が異なる)。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る