MANTANWEB(まんたんウェブ)

グッド・ドクター:第4話 山崎賢人、身元不明の少女と心通わせ 裏では“小児科潰し”が…

テレビ
連続ドラマ「グッド・ドクター」第4話のワンシーン=フジテレビ提供

 俳優の山崎賢人さん主演の連続ドラマ「グッド・ドクター」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第4話が2日放送される。第4話のサブタイトルは「身元不明少女を湊が担当! 悲しい秘密」で、新堂湊(山崎さん)が初めて患者の担当医になる。予告映像では、湊が東郷記念病院小児外科に緊急搬送されてきた身元不明の少女(高松咲希ちゃん)とコミュニケーションを取る姿のほか、「背後でうごめく“小児科潰し”」「ついに解雇に?」というテロップも流れる。

 湊は臨床医の瀬戸夏美(上野樹里さん)と、綾瀬奈緒(川島夕空さん)の病室に行く。術後の不快感を訴える奈緒だが、夏美に上手に伝えられない。湊が奈緒の症状を言い当て、夏美は湊に感心する。湊と夏美が病室を出るとナースステーション付近で騒ぎが起きていた。緊急搬送された少女が暴れていたが、湊が近づくと静かになる。少女は手術が必要なのだが、一切話をしないので身元が分からなかった。

 湊は、身元が分からない少女の担当医になりたいと上司の高山誠司(藤木直人さん)に願い出る。高山と夏美、医局のメンバーが反対する中、小児外科長の間宮啓介(戸次重幸さん)は、湊を少女の担当医にする。湊に問題を起こさせようとする副院長の猪口隆之介(板尾創路さん)の指示で間宮は動いていた。

 湊は張り切って少女をみようとするが、少女の心はなかなかほぐれない。そんなとき、少女の母・大石薫(瑛蓮さん)が名乗り出て、少女の名があかりだと分かる。湊は薫にあかりの病状を説明。夏美はあかりが言葉を発さない理由を尋ねる。薫は自分があかりの継母だからかもしれないと明かす。

 薫が帰ると、湊はあかりに一緒に絵を描こうと話しかける。薫が持って来たあかりのバッグにお絵描きノートが入っていたからだ。しかし、湊がバッグに触ろうとすると、あかりは慌てて奪い取る。夜、湊があかりの病室に行くとお絵描きノートが落ちていた。湊がノートを拾うと、あかりは「誰にも言わないで」と話しかけてきて……という展開。

 ドラマは、2013年に韓国で放送された同名の連続ドラマが原作で、米国でもドラマ化された。自閉症スペクトラム障害でコミュニケーション能力に問題を抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊が小児外科の世界に飛び込み、周りからの偏見や反発にさらされながらも、子供たちの命のために闘い、心に寄り添い、成長していく姿を描いている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る