明日の半分、青い。:8月6日 第109回 鈴愛、律と13年ぶりの再会 プロポーズを断った真意を伝えようとして…

NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」第109回の一場面 (C)NHK
1 / 3
NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」第109回の一場面 (C)NHK

 永野芽郁さん主演のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」は第19週「泣きたい!」を放送。8月6日の第109回では、花野(かの、山崎莉里那ちゃん)を連れて岐阜に戻った鈴愛(永野さん)。菜生(奈緒さん)を喫茶・ともしびに呼び出し、久しぶりに再会する。そこにブッチャー(矢本悠馬さん)と律(佐藤健さん)が現れ、鈴愛は律と13年ぶりに再会を果たす。律が地元にいる理由を知らない鈴愛は、律も離婚して実家に戻ってきたと早合点。13年前に夏虫駅でのプロポーズを断ったときの真意を伝えようとして……。

ウナギノボリ

 「半分、青い。」は、大ヒットドラマ「ロングバケーション」(フジテレビ系、1996年)などで知られ、“恋愛ドラマの神様”の異名も持つ北川悦吏子さんのオリジナル作品。1971年に岐阜県で生まれ、病気で左耳を失聴したヒロイン・鈴愛が、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜ける物語。

 第18週「帰りたい!」では、花野は1歳の誕生日を迎えたが、具合が悪くなり、鈴愛は花野を病院に連れて行く。時は過ぎ、花野5歳の誕生日。鈴愛は、涼次(間宮祥太朗さん)から突然離婚を切り出される。光江(キムラ緑子さん)は、今すぐ家から出て行けと言い放つ。涼次がすぐ帰ってくると信じていた鈴愛だったが、一向に戻ってこない。涼次の気持ちを確かめた鈴愛は、花野と岐阜に帰ることを決断して……という展開だった。 

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事