MANTANWEB(まんたんウェブ)

中学聖日記:第6話 有村架純は教師を続け、岡田健史は18歳に 高校生編スタート

テレビ
連続ドラマ「中学聖日記」第6話の一場面=TBS提供

 女優の有村架純さんが主演を務める連続ドラマ「中学聖日記」(TBS系、火曜午後10時)の第6話が13日、放送される。舞台は3年後、2018年。晶(岡田健史さん)の前から姿を消した聖(有村さん)は、婚約者の勝太郎(町田啓太さん)とも別れ、友人の千鶴(友近さん)と同じ小学校で教師を続けていた。穏やかな日々を過ごしていた聖だったが、同僚の野上(渡辺大さん)と訪れた雑貨市で晶の姿を見かけてしまう。聖は過去の記憶がよみがえり動揺する。晶は母・愛子(夏川結衣さん)の元を離れ、上布(マキタスポーツさん)の実家に下宿していた。

 そんな中、聖は生徒の彩乃(石田凛音さん)の遠足費の支払いが滞っていることを知り、母親・美和(村川絵梨さん)の元を訪ねる。一方、勝太郎は東京本社で過去を吹っ切るように働いていたが、そこへ原口(吉田羊さん)が新しい部長として戻ってくる……という展開。予告編では、高校生となった晶と同級生のるな(小野莉奈さん)がキスをしようとするシーンや、晶が「末永? 誰だっけ?」と話すシーンなどが収められている。

 ドラマは、マンガ誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で連載中のかわかみじゅんこさんの同名マンガが原作。片田舎の中学校を舞台に、女性教師・末永聖とその教え子の男子中学生・黒岩晶との“禁断の純愛”を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る