MANTANWEB(まんたんウェブ)

西郷どん:第43回「さらば、東京」 大久保が西郷を排除!? 盟友の真意は…

テレビ
NHKの大河ドラマ「西郷どん」第43回の一場面 (C)NHK

 俳優の鈴木亮平さん主演のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の第43回「さらば、東京」が18日放送される(総合・午後8時ほか)。決定済みだったはずの西郷(鈴木さん)の朝鮮使節派遣は、岩倉(笑福亭鶴瓶さん)の手で覆されしまう。西郷ら留守政府勢力の排除が狙いと悟った西郷は、政府に辞表を提出。あることを確認するため向かった先は……。

 明治6(1873)年10月、欧米使節団の帰国後初の閣議で大久保(瑛太さん)は、富国強兵を最優先すべきとして朝鮮使節派遣に猛反発。留守政府を担ってきた西郷らと対立を深めていく。

 数日後、心労で倒れてしまった三条(野村万蔵さん)に代わって太政大臣を務めた岩倉は、使節派遣を延期してしまう。強引なやり方に抗議し、西郷や江藤(迫田孝也さん)らは政府を辞職。西郷は鹿児島帰郷を決意すると、盟友の真意を知るため大久保宅を訪ねる。

 「西郷どん」は大河ドラマ57作目で、西郷隆盛の生涯を描く。

 第42回「両雄激突」は、1年半ぶりに帰国した大久保。しかし、欧米使節団としてほとんど成果を上げられなかったことを責められ、孤立する。留守政府を任され、近代化政策を推し進めていた西郷とも溝は深まり……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る