MANTANWEB(まんたんウェブ)

リーガルV:米倉涼子は「人見知り」、初共演相手に大緊張 Pが明かす撮影秘話

テレビ
連続ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」主演の米倉涼子さん

 米倉涼子さん主演の連続ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)が好調だ。大ヒットシリーズの「ドクターX」と同じ放送枠で、天才外科医・大門未知子ではなく元弁護士の小鳥遊(たかなし)翔子という新たな役に挑戦している米倉さんについて、撮影開始当初は「見ていてつらいほどに、苦しそうでした」と明かすのが、今作を手がけ、「ドクターX」など米倉さんと長年タッグを組んできたエグゼクティブプロデューサーの内山聖子さんだ。米倉さんが見せる“素顔”や作品に込めた思いなどを聞いた。

 ◇大門未知子を“脱ぎ捨てる”苦労 「見ていてつらいほどに…」

 「リーガルV」は、弁護士資格を剥奪された元弁護士の小鳥遊翔子が大手弁護士事務所を相手に無謀な闘いを繰り広げる法廷ドラマ。「ドクターX」シリーズと同じ放送枠だが、米倉さん自身が「新しい挑戦をさせてください」と制作側に申し出て企画がスタートしたといい、内山さんは、クランクインしたばかりの米倉さんの様子を「『ドクターX』が長かったこともあり、普段から大門未知子風になっていたところもある。それぐらい感化されていたので、(大門未知子を)役として脱ぎ捨てることに苦労していました。見ていてつらいほどに、苦しそうでした」と振り返る。

 ドラマには、翔子率いる「京極法律事務所」のメンバーとして林遣都さん、荒川良々さん、安達祐実さん、三浦翔平さん、勝村政信さん、高橋英樹さんが出演。対立する大手法律事務所のエリートたちを向井理さん、菜々緒さん、小日向文世さんが演じている。

 今回は米倉さんにとって初共演のキャストもおり、撮影当初は「見たことがないぐらい米倉さんは緊張していた」といい、内山さんは「米倉さん、すごく人見知りなんですよ」と明かす。それが変わってきたのが、京極法律事務所の親睦旅行の様子が描かれた第3話で、「地方ロケにみんなで行ったんです。あれぐらいからお互いの距離がぐっと縮みましたね。撮影でも台本にないアドリブが出てきた」と手ごたえを感じている様子。

 ◇“失敗しない”から“失敗を乗り越える”へ

 米倉さんが演じる小鳥遊翔子は、自由奔放な言動で周囲を翻弄(ほんろう)する“元弁護士”。「ドクターX」の大門未知子は“失敗しない”女医だったが、「だって私、弁護士資格ないんだもん」と語る翔子は過去に弁護士資格を剥奪されるという“失敗”をしており、弁護士として法廷に立つことはできない。

 翔子というキャラクターが生まれた経緯を内山さんは「実際に米倉さんも実年齢を重ねてきました。そうなると、私も皆さんもそうだと思いますが、失敗ってするんですよね。仕事でも社会でも人間関係でも、ふとしたことで失敗したり、うまくいかない時が必ずある。それを乗り越えようとする人を、今回米倉さんにやってもらいたいと思った」といい、「失敗したからこそ人を助けられるとか、友達になれるとかそういうことをやりたかった」と力を込める。

 また、大門未知子が一匹オオカミだったのに対し、翔子はスタンドプレーがありながらも法律事務所の仲間と共にチームプレーでさまざまな案件に立ち向かっていく。その対比についても「実社会もそうですけど、だんだん年を取ってくると、突っ張ってばかりでは生きていられないし、年下で自分より弱い人にも助けてもらわなければいけない瞬間はある。そういう彼女の生きている過程が翔子像になればと考えた」と話す。

 続けて、自身の経験もふまえて「だんだん旗を振って働きたくなくなる(笑い)。自分では全部できないし、他の人にやってほしいと思うようになって。上がやらなければ下がやるし、成長するんですよね」と語り、「翔子のチームでもそういうチームワークが生まれたらいいなと思いました。もちろん彼女は弁護士でありたかったはずなのですが、資格をなくして弁護士ができないからこそ得られるものがある。それは、周りを成長させたり、自分がやらないことによって他の人が頑張ることとか。そうした関係性が、私たちが生きている実社会でもできればいいな」と思いを明かす。

 ◇翔子の本当の目的とは?

 15日放送の第5話では、主人公・小鳥遊翔子の過去が明かされたが、今後ドラマでは、翔子の本来の目的が明かされていくという。「(翔子は)弁護士資格を失ってお金のためにやっているように見えますけど、実は目的は全然違うところにある。それを最後まで縦軸にしたいと思っています。お金は今頑張っている自分の仲間のためというか、自信を付けてほしいへなちょこ弁護士さんのために闘い方を教えているだけなんです」と明かす。

 さらに、終盤では「1年前の翔子に何があったのかが明かされて、『これをやりたくてこの人は事務所を作ったんだね』ということが分かる」といい、内山さんは「きっと最後まで見てくださると、やりたいことがきちんと伝わると思う。もやもやしたり、人生うまくいかないなと思っている人たちもいると思うけど、きっとこのドラマは楽しいので、それだけは約束するので最後まで見てください」と呼びかけていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る