劇団EXILE鈴木伸之:極寒の池で「4回も刺された」 先輩・小澤雄太に恨み節

映画
名古屋市内で行われた映画「jam」の舞台あいさつに登場した鈴木伸之さん

 「劇団EXILE」の鈴木伸之さんが24日、名古屋市内で行われた映画「jam(ジャム)」(SABU監督、12月1日公開)の舞台あいさつに、同グループの小澤雄太さん、小野塚勇人さんらと登場した。小澤さんが真冬の池のシーンを振り返り「皆さんが思っている以上に冷たいです」と撮影の苦労を話すと、鈴木さんは「それなのに(小澤さんが)4回くらい刺す場所を間違えて、もう1回、もう1回って(撮影がやり直しに)なっちゃって……。俺、寒くてヤバかったです」と恨み節。鈴木さんの先輩にあたる小澤さんは「ごめんね」と、すかさず謝り、観客の笑いを誘った。

 同作で刑務所から出所したばかりのテツオを演じた鈴木さんは、「台本を開いてせりふが一言もない役は初めてで衝撃を受けました。アクションは好きですけど、体が痛かった」と筋肉痛とも闘ったと振り返った。3人の中で最も年下の小野塚さんは、先輩2人にむちゃぶりされ、同作で同グループの青柳翔さんが演じた場末のアイドル演歌歌手ヒロシの持ち歌を歌わされる一幕もあり、舞台あいさつは和やかな雰囲気で進行した。

 映画は、EXILE HIROさんプロデュースの完全オリジナル作。刑務所からシャバに戻ったテツオ(鈴木さん)は自分を刑務所送りにしたやくざに復讐(ふくしゅう)するため、やくざ事務所に単身殴り込みをかける。一方、場末のアイドル演歌歌手ヒロシ(青柳さん)は、ある日コンサートを終えると、ファンの昌子(筒井真理子さん)に付きまとわれ、彼女の自宅に監禁されてしまう。そして、瀕死の重傷を負った大切な彼女の意識回復だけを望むタケル(町田啓太さん)は、“善(よ)いこと貯金”をすれば意識が戻るのではと信じ、毎日必死に生きていた。テツオ、ヒロシ、タケルの物語が交錯していくストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る