MANTANWEB(まんたんウェブ)

機動戦士ガンダムNT:福井晴敏「禁断の扉を開いた…」

アニメ
劇場版アニメ「機動戦士ガンダムNT」の初日舞台あいさつに登場した(左から)吉沢俊一監督、福井晴敏さん、村中知さん、榎木淳弥さん、松浦愛弓さん、梅原裕一郎さん、小形尚弘プロデューサー

 人気アニメ「ガンダム」シリーズの劇場版最新作「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」(吉沢俊一監督)の初日舞台あいさつが30日、東京都内で開かれ、脚本を担当した作家の福井晴敏さんらが登場。「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」の小説を手がけた福井さんは「UCであんなにきれいなエンディングを迎えたのに、(その後の『NT』を書いて)禁断の扉を開いてしまいました……」とこぼし、観客の笑いを誘った。

 舞台あいさつには、ナラティブガンダムに搭乗するヨナ・バシュタ役の榎木淳弥さん、ルオ商会特別顧問ミシェル・ルオ役の村中知さん、ヨナの幼なじみリタ・ベルナル役の松浦愛弓さん、強化人間ゾルタン・アッカネン役の梅原裕一郎さん、吉沢監督、小形尚弘プロデューサーも出席した。

 同作は、ガンダムシリーズの重要なキーワードの一つ「ニュータイプ」について描いている。司会から「自身の中でニュータイプだと思うことは?」と聞かれた吉沢監督は「小形さんも分かってくれると思うのですが、富野(由悠季)さんがキレる前に『来る!』のが分かります」と答えた。福井さんは「分かります」と言って苦笑いし、小形プロデューサーも同意していた。

 「機動戦士ガンダムNT」は、「機動戦士ガンダムUC」のその後を描く作品。ラプラスの箱が開かれた1年後の宇宙世紀0097年に、消息不明だったユニコーンガンダム3号機フェネクスが地球圏に姿を見せ、捕らえるためにナラティブガンダムが投入される……というストーリー。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る