MANTANWEB(まんたんウェブ)

小川彩佳アナ:「リーガルV」で女優デビュー 最終回で女刑事に

テレビ
テレビ朝日の小川彩佳アナウンサーが出演する連続ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」最終話の一場面=テレビ朝日提供

 テレビ朝日の小川彩佳アナウンサーが、女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(同局系、木曜午後9時)の最終話(13日放送)にゲスト出演することが10日、明らかになった。小川アナは今回が女優デビューとなる。小川アナが演じる女性刑事は、事件の調査中に逮捕されてしまった京極法律事務所のパラリーガル・伊藤理恵(安達祐実さん)を、厳しく取り調べる役どころという。

 小川アナは、オファーを受けた際のことを「率直に、驚きました」と振り返り、「アナウンサーのドラマ出演というと、劇中のテレビのキャスター役や現場のリポーター役を思い浮かべますが、まさか『刑事役』でオファーをいただくとは……。自分のどこに女刑事の要素があるのだろうか、と制作側の意図を疑いました」とコメント。

 全力で挑んだという撮影については「心の中で『えっ、えっ』ととまどっているうちに、いつの間にか(撮影が)終わっていました(笑い)。そんな中、何度同じせりふを繰り返してもトーンや表情が変わらず、ブレない安達祐実さん。さすがプロ、カッコいいな……など、あっという間の体験でしたが、多くを感じる現場でした」と語っている。

 ドラマのタイトルの「リーガルV」の「V」がビクトリーを意味することにちなみ、「『ここが勝負!』と感じる時は?」と聞かれた小川アナは、「二度とは存在しない『今』を切り取り、時に並走し伝える報道の現場では、逃してはいけない一瞬に向き合うことも多いように感じます」と話している。

 ドラマは、米倉さん主演の人気ドラマシリーズ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」と同じ放送枠で、弁護士資格を剥奪された元弁護士の小鳥遊(たかなし)翔子(米倉さん)が大手弁護士事務所を相手に無謀な闘いを繰り広げる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る