MANTANWEB(まんたんウェブ)

鈴木京香:草刈正雄とラブサスペンス 「真田丸」から一転「今回は一緒のシーンばかり」

テレビ
NHKのプレミアムドラマ「モンローが死んだ日」の会見に登場した草刈正雄さん(左)と鈴木京香さん

 女優の鈴木京香さんと俳優の草刈正雄さんが20日、NHK(東京都渋谷区)で開かれた同局のプレミアムドラマ「モンローが死んだ日」の会見に登場した。同作は大人のラブサスペンス。NHK大河ドラマ「真田丸」で、豊臣秀吉の正室・寧(ねい)を演じた鈴木さんは、同ドラマで真田昌幸を演じた草刈さんとの共演について「真田丸ではご一緒させていただいたものの、共演シーンがなかったのでそれを残念に思っていました。今回は一緒のシーンばかりで本当に楽しかった。またぜひご一緒できたら」と笑顔を見せた。

 ドラマについて鈴木さんは「美しい景色と身の引き締まる冷たさで、よりすんなり役に入っていけた。(ドラマの)ラストは好きなシーンになりました。軽井沢の景色がなければ成立しなかったかも。ぜひ楽しみに見てください」とアピールした。

 草刈さんは「この年でこんなロマンチックな役をいただけるとは思っていませんでした。ロマンチックは大好きで、相手が京香さん。何て楽しい撮影だったか」とニコニコ。「引き受けるときは二つ返事で『やりたい』と。僕の中の想像でも『これは良い物ができるという確信がありました」と力を込めていた。
 
 「モンローが死んだ日」は、小池真理子さんの小説が原作。夫に先立たれて軽井沢の隣町で孤独に暮らす幸村鏡子(鈴木さん)はある日、パニック症状を起こして精神科の医師・高橋智之(草刈さん)と出会い、お互いに引かれ合う……というストーリー。「ひよっこ」の岡田惠和さん、「チア☆ダン」の渡邉真子さんが脚本を担当する。放送は、BSプレミアムで2019年1月6日から毎週日曜午後10時、BS4Kで2日から毎週水曜午後8時25分。全4回予定。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る