MANTANWEB(まんたんウェブ)

高田夏帆:“仮面ライダーグリス”武田航平に感謝 鑑賞後は目を潤ませ…

アニメ 映画
映画「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」のイベント「武田航平ナイト」に登場した武田航平さん(左)と高田夏帆さん

 特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの劇場版最新作「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」(山口恭平監督)の武田航平さんにフィーチャーしたイベント「武田航平ナイト」が27日、東京都内で開催され、サプライズゲストで「仮面ライダービルド」で武田さんと共演した石動美空役の高田夏帆さんが登場。高田さんは、“みーたん”こと美空の大ファンである猿渡一海(仮面ライダーグリス)を演じた武田さんに「みーたんオタクが武田航平さんで本当に本当によかったと思います」と感謝の気持ちを伝えた。

 イベントでは、ファンの間では“神回”ともいわれている「仮面ライダービルド」の第47話「ゼロ度の炎」のコメンタリー上映が行われ、武田さん、高田さんらがトークをしながら同話を鑑賞。高田さんは、スクリーンにブルーのボディーの仮面ライダーグリスブリザードが映ると、「美空色フォームって言われているんですよね」とコメント。さらに同話の撮影時は「ご飯も食べられなかった」と振り返った。

 同話終盤の無音になるシーンになると、高田さんは美空が「『かずみんが死んだ』って言っています」と明かした。鑑賞後、高田さんは目を潤ませながら「泣いちゃいましたよね。こんなに大勢の方と一緒にすすり泣くことができてうれしかった。こういう場をいただけたのは武田航平さんがいたからだと思います。本当にありがとうございます」と思いを語った。

 武田さんはこれまで「仮面ライダーキバ」(2008~09年)で紅音也/仮面ライダーイクサ及びダークキバ役、「仮面ライダービルド」(17~18年)で猿渡一海/仮面ライダーグリス役を演じており、「平成仮面ライダーの申し子」と自称している。イベントは、武田さんをフィーチャーしたもので、11年前の「仮面ライダーキバ」の放送開始日に当たる1月27日に開催。「仮面ライダービルド」第47話「ゼロ度の炎」をコメンタリーで上映し、また「劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王」(08年)を上映した。

 劇場版最新作は、「仮面ライダージオウ」の常磐ソウゴ(奥野壮さん)と「仮面ライダービルド」の桐生戦兎(犬飼貴丈さん)の世界に異変が生じ、仲間たちが次々と記憶を失う中、スーパータイムジャッカー・ティードが現れ、平成仮面ライダーの歴史を終わらせようとする。「仮面ライダー電王」で野上良太郎を演じた佐藤健さんが出演したことも話題になっている。昨年12月22日に公開され、これまでの冬の仮面ライダー映画シリーズ最高の興行収入である15億4000万円を記録した「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイドMOVIE大戦2010」超えも狙える大ヒットとなっている。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る