稲森いずみ:台本20ページ、ワンカット撮影に緊張「心臓バクッバク」

テレビ
連続ドラマ「連続ドラマW それを愛とまちがえるから」の第1話完成披露試写会に登場した稲森いずみさん

 女優の稲森いずみさんが5日、東京都内で開催された主演を務めるWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW それを愛とまちがえるから」の第1話完成披露試写会に出席。今作では台本20ページにもわたるシーンをワンカットで撮影したといい、「ドラマの現場で緊張することもあまりなくなっていたんですが、あれは久しぶりに、心臓がバクッバクッとしました」と明かした。

 ドラマは、直木賞作家の井上荒野さんの同名小説(中公文庫)が原作のラブコメディー。専業主婦の伽耶(稲森さん)は、夫の匡(鈴木浩介さん)と結婚15年目を迎えて幸せな人生を送っていたが、2人は長きにわたるセックスレスでもあった。ある朝、匡に恋人がいることを尋ねた伽耶は、匡が自分にも恋人がいることに気づいていたのを知る。実は伽耶もマンガ家の誠一郎(安藤政信さん)と不倫関係にあった……というストーリー。舞台あいさつには鈴木さん、仲さんも出席し、出演者でもあるLiLiCoさんが司会を務めた。

 また、初共演となった鈴木さんについて、「大勢のお食事会で会ったことがあり、すごくムードメーカーで、盛り上げていた。映像で拝見していた時も、楽しいイメージがあった。三枚目のようで、おもしろい方」という印象だったことを明かした稲森さん。今回の撮影現場では、鈴木さんの“男前”な一面を見たといい、「そのままでもあったんですが、実は二枚目だなと気づきました。現場で仕事に向かっている姿、言動とか」と明かした。

 鈴木さんは「ありがとうございます。ちょっと恥ずかしいですね」と照れながら、「稲森さんは主役をやる時の責任や、軸の強さがある。“体幹が取れてる”なあと思った。しかも瞬発的なエネルギーがあるので、その勢いに驚いた」と稲森さんの印象を語っていた。

 「連続ドラマW それを愛とまちがえるから」は、WOWOWプライムで2019年2月9日から毎週土曜午後10時放送。全5話で、第1話は無料放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る