イノセンス 冤罪弁護士:第6話 趣里の息子が誘拐される 坂口健太郎に「弁護やめろ」と警告が

テレビ
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第6話のシーン=日本テレビ提供

 俳優の坂口健太郎さん主演の連続ドラマ「イノセンス 冤罪(えんざい)弁護士」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第6話が23日放送される。黒川拓(坂口さん)の理解者で、パラリーガルの穂香(趣里さん)の息子が誘拐される。拓は、担当している射殺事件の弁護をやめないと命はないと脅迫される。

 楓(川口春奈さん)は、かつて東央大生だった秋保(藤木直人さん)の妹が殺され、交際相手の理工学部生が有罪判決後に自殺したのを知る。弁護を担当したのは湯布院(志賀廣太郎さん)のパートナーだった別府(杉本哲太さん)の兄。担当検察官は拓の父・真(草刈正雄さん)だった。

 拓は事務所が顧問契約をしている樽前物産の社長の息子・樽前裕也(須賀健太さん)の弁護を担当する。友人の新島彰を射殺した疑いをかけられた裕也は、事実を否認しているものの状況証拠がそろい、本人の評判も最悪だった。

 被害者の母(山下容莉枝さん)は「樽前の弁護をやめてくれ」と直談判しに来る。裕也のアリバイが固められない中、穂香の息子が誘拐され、事件の弁護をやめなければ子供が死ぬという脅迫メールが届く。被害者の母が誘拐したと直感する拓だが、思わぬ事実が発覚して……という展開だ。 

 ドラマは、変わり者の弁護士・拓が冤罪を晴らすため、執念と情熱、科学を武器に逆転劇に挑む。脚本は、連続ドラマ「ガリレオ」(フジテレビ系)や「ハゲタカ」(テレビ朝日系)などの古家和尚さん。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る