最上もが:学生時代は24時間ネトゲ 「今は5時間ぐらい」

芸能 アイドル
テレビアニメ「約束のネバーランド」の特別イベントに出席した最上もがさん

 元「でんぱ組.inc」の最上もがさんが3日、東京都内でテレビアニメ「約束のネバーランド」(フジテレビ系)の特別イベントに出席。イベント後の会見で「1日どれぐらいインターネットを使っていますか」と聞かれた最上さんは「日によりますが、帰ってきて、長い休みのときは10時間ぐらい軽くやっちゃう。学生時代はパソコンを1日つけっぱなしで、寝ずに24時間体制でインターネットゲームしてました。その時は頑張りすぎてました」と苦笑い。「今は長くても5時間ぐらいにとどめています」と明かした。

 この日の特別イベントは「内閣サイバーセキュリティセンター」の「サイバーセキュリティ月間」のPRの一環で開催。「インターネットで脅威を感じた経験は」と聞かれた最上さんは「小さいころに、迷惑メールや架空請求が来て『親に迷惑をかけてしまうんでは』って心配になりました。今は大丈夫ですけど、当時はそういうのが分からなくて」と答えていた。

 アニメは、マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の白井カイウさん原作、出水ぽすかさん作画の同名マンガが原作。小さな孤児院、グレイス=フィールドハウスで幸せに暮らすエマ、ノーマン、レイがある日、孤児院とママ(育ての親)に隠された衝撃の真実を知り、生きるため、“脱獄”を決意する……というストーリー。フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」ほかで放送中。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る