MANTANWEB(まんたんウェブ)

いだてん:寺島しのぶ、柄本佑、黒島結菜ら新キャスト発表 世界的ダンサー菅原小春が初大河

テレビ
会見に出席した(左から)柄本佑さん、黒島結菜さん、中村勘九郎さん、寺島しのぶさん、菅原小春さん

 歌舞伎俳優の中村勘九郎さんと俳優の阿部サダヲさんがダブル主演を務めるNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の新キャスト発表会見が5日、東京都内で行われた。会見には金栗四三(かなくり・しそう)役の中村さんのほか、新キャストとして、女優の寺島しのぶさん、黒島結菜さん、俳優の柄本佑さん、世界的ダンサーの菅原小春さんが出席した。

 「いだてん」は、宮藤官九郎さんが脚本を手がけ、日本人が初めて五輪に出場した明治の終わりから、東京に五輪がやってきた1964年まで、およそ半世紀をオリジナルストーリーで描く。4月の放送から新章へと突入し、新キャストたちが出演。明治から大正に時代が変わり、四三が、次のオリンピックを目指してマラソンを続けながら、教師として箱根駅伝の創設や女子の体育教育の普及などに挑む。

 日本に女子体育を普及させた第一人者の二階堂トクヨ役の寺島さんは、「男尊女卑が激しい中、女子としてしっかりと立っていらした方。怒鳴って終わっちゃったかなと感じるほど元気がある役」と役柄を説明。「宮藤官九郎さんらしいスピーディーな展開。大河ドラマ全体として考えたときに、新風を吹き込んでいる。とてもいい挑戦で、きっと残る作品になる。私もその一部でうれしい」と出演の喜びを語った。

 四三とシマ(杉咲花さん)が教える名門・東京府立第二高等女学校の生徒・村田富江を演じる黒島さんは、同局のドラマ「アシガール」でも走る演技を披露していたが、「私もはだしにわらじで草道を走っていたので、(中村さんは)撮影大変だろうな、走る姿がかっこいいなと思って見ていました。『アシガール』で走ることに自信があったのでうれしかったし、今回はグラウンドで靴を履いて走れて良かった」と笑顔を浮かべていた。

 また米歌手のスティービー・ワンダーさんとのCM共演や「NHK紅白歌合戦」で米津玄師さんの歌唱中にダンスを披露して注目を集めた菅原さんが、今作で日本人女性初の五輪選手となる人見絹枝役で演技に初挑戦。「普段は踊りを踊っていて、初めてお芝居させていただきます。役作りはよく分かりませんが、胸に抱いている思いを体でぶつけるということができたら。全力で体当たりしてやりたい」と意気込んでいた。

 新キャストを迎えた中村さんは、「四三は女子の体育スポーツ普及に力を注ぐ中で(新キャストの)皆さまと出会うのですが、二階堂先生には罵倒され、村田はじめ女子生徒からは冷ややかな目で見られたり、出会い方が衝撃的。パワフルですてきな皆さまと芝居できるのはとても楽しい。今まで『いだてん』は、おっさんばかりしか出ていなかったので、女性がいる現場は四三的にも勘九郎的にもドキドキの日々です(笑い)」とちゃめっ気たっぷりに語っていた。

大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」は全47回。NHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。会見では新キャストとして、夏帆さん、板尾創路さん、イッセー尾形さんの出演も発表された。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る