MANTANWEB(まんたんウェブ)

明日のなつぞら:4月9日 第8回 なつが逃げたことを知った富士子たちは…? 剛男、なつと初めて会ったときのことを語りだし…

テレビ
NHK連続テレビ小説「なつぞら」第8回の一場面(C)NHK

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)は、第2週「なつよ、夢の扉を開け」を放送。4月9日の第8回では、なつ(粟野咲莉ちゃん)を探して警察を訪れた富士子(松嶋菜々子さん)や剛男(藤木直人さん)、泰樹(草刈正雄さん)たちは、なつが逃げたことを知り、言葉を失う。手がかりを失った柴田一家は、帯広市内で菓子屋・雪月を営むとよ(高畑淳子さん)や雪之助(安田顕さん)の元を訪ねる。そこで剛男は、浅草の孤児院でなつと初めて出会ったときのことを語りだし……。

 「なつぞら」は、100作目の朝ドラで、脚本家の大森寿美男さんのオリジナル作。広瀬さん演じるヒロインの奥原なつは1937年、東京生まれの設定。大空襲を生き延びるものの、両親を戦争で失う。兄・咲太郎(さいたろう)、妹・千遥(ちはる)と別れ、父の戦友だった柴田剛男に一人引き取られ、北海道の十勝地方に移り住む。柴田家の家業である酪農を手伝う中、持ち前の明るさを取り戻し、北海道移民1世である剛男の義父・泰樹から、開拓者精神とともに人生で大切なことを学んでいく。

 第1週「なつよ、ここが十勝だ」は、昭和21(1946)年初夏、なつが9歳の時、亡き父の戦友・柴田剛男に引き取られて十勝にやってくる。富士子は、我が子としてなつを受け入れようとするが、富士子の父で頑固者の泰樹は、働き手にもならないとなつに冷たく当たる。子供ながらにここで生きると覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳搾りを必死に手伝い、次第に泰樹の心を解かしていき……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る