MANTANWEB(まんたんウェブ)

清原翔:ギャップで魅せる 「なつぞら」照男兄ちゃんが意外なハマリ役に

テレビ
NHK連続テレビ小説「なつぞら」で柴田家の長男の照男を演じている清原翔さん (C)NHK

 女優の広瀬すずさんが主演を務めるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」に柴田家の長男の照男役で出演している清原翔さんが話題だ。第6週「なつよ、雪原に愛を叫べ」では、祖父の泰樹(草刈正雄さん)が仕向けたなつ(広瀬さん)との結婚話に心乱されつつも「良き兄」を全うする照男の不器用な優しさを見事に体現。その魅力に「ハマってしまう」視聴者が続出しているとのことだが、男性ファッション誌「MEN'S NON-NO(メンズノンノ)」(集英社)専属モデルとして活躍する清原さんにとっても、今回の照男は意外なハマリ役となっている。

 ◇会社社長、王子、ダメ男…照男とは大きく異なる役どころが続いていた

 清原さんは1993年2月2日生まれ、神奈川県出身の26歳。「なつぞら」が初の朝ドラで、天陽役の吉沢亮さん、雪次郎役の山田裕貴さん、夕見子役の福地桃子さん同様、照男役をオーディションで射止めた。昨年4月の出演者発表の際には「こうしてこの場に立てていることがとても不思議で幸せです。僕自身まだまだ未熟なので、共演者の皆さんにいろいろ教わって、吸収して、照男と一緒にこの作品の中で成長できたら」と意気込みを語っていた。

 これまでもモデル活動と並行し、映画やドラマ、CMに出演してきた清原さん。17年に放送された結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)CMでは、朝ドラ「ひよっこ」などで知られる佐久間由衣さんの相手役に抜てきされた。同CMで、スラリとした長身の新郎として清原さんのことを知った人も多いだろう。

 そんな清原さんは、昨年秋から今年にかけて、フジテレビ系“月9”ドラマ「SUITS/スーツ」、深夜ドラマ「PRINCE OF LEGEND」(日本テレビ)や「深夜のダメ恋図鑑」(ABC・テレビ朝日)、WOWOWのオリジナルドラマ「虫籠の錠前」などに立て続けに出演。「SUITS/スーツ」では高学歴の会社社長、劇場版も公開された「PRINCE OF LEGEND」ではモテすぎて付き合うと苦労する“美容師王子”、「深夜のダメ恋図鑑」ではダメ男の一人となるイケメンの総合商社社員を演じた。

 いずれも「なつぞら」の照男とは似ても似つかない現代的な役どころ。俳優の鈴木拡樹さんとダブル主演した「虫籠の錠前」でも、主人公の一人で、口先で裏社会を渡るナナミとして、不器用で優しい“照男兄ちゃん”とは異なる顔を見せていた。時代背景や題材を考えれば当たり前の話とはいえ、「なつぞら」の照男が、清原さんのパブリックイメージにほとんどなかった“意外な役”に該当することが分かる。

 ◇純情素朴な可愛い“男の子”の顔をたびたび “ネクストブレーク”といわれ…

 ドラマの公式サイトによると照男は「父(剛男、藤木直人さん)に似て、真面目で責任感の強い男の子」とある。一方で、「泰樹から、なつとの結婚を勧められるが、ひそかにそうなることを願っている」とあり、第6週における、なつの幸せを一番に願っての行動(なつと天陽をデートするよう仕向ける、なつを巡って天陽にスキー対決を申し込むなどなど)には、相当な葛藤があったことがうかがえ、それら心の機微までも清原さんは体現していたように見える。

 また、大会に向けスキー板を自作する天陽を「カッコいい」と持ち上げるなつの言葉に思わず反応してしまったり、それ以前にも、妹の夕見子が食卓で言い放った「跡取り(長男)はモテない」を必要以上に真に受けてみたりと、純情素朴な可愛い“男の子”の顔をたびたびのぞかせるなど、これまでの役柄や“メンノンモデル清原翔”とのギャップも大きな魅力となっている。

 3月に行われたインタビューでは「雑誌などで、ありがたいことに“ネクストブレーク”とか書かれていたりするんですけど、『これ、来年もネクストブレークでいたらだめじゃない?』と思って、結構プレッシャーになります。でも、ありがたい話だと思います」と語っていた清原さん。ブレークはもう目前だ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る