沢尻エリカ:初大河「麒麟がくる」で誰よりもギラギラ 本木雅弘「輝きを放っていた」

テレビ
2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」のクランクイン取材会に登場した沢尻エリカさん

 2020年に放送されるNHKの大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」のクランクイン取材会が、東京都内のスタジオで6月4日に行われ、女優の沢尻エリカさんが役衣装で出席。本木雅弘さん扮(ふん)する斎藤道三の娘・帰蝶(濃姫)を演じる沢尻さんは、今回が初の大河ドラマで、前日の3日から撮影をスタート。「感情が高ぶっていて、ワクワクしています」と笑顔を見せると、「映像を見て、すごくキレイだなっていう印象で、衣装も映えていて。昨日は本木さんとのシーンだったんですけど、とにかくかっこよすぎて。皆さんの芝居の熱量が素晴らしくて、この現場に一緒にいられて光栄です」と印象を語った。

 また、本木さんが「芝居の熱量という意味では、沢尻さんがギラギラと(していて)、ピカイチでした。本当にお世辞でもなく、初めての緊張感含めて、今しかないっていうような輝きを放っていた気がします」と沢尻さんの印象を明かすと、沢尻さんは「いえいえ」と照れ笑いを浮かべた。

 取材会には沢尻さん、本木さんのほか、主人公・明智光秀を演じる俳優の長谷川博己さん、光秀のおじ・明智光安役の西村まさ彦さん、光秀が京で出会う娘・駒役の門脇麦さん、京に暮らす医師・望月東庵役の堺正章さんもそれぞれ役衣装で出席した。

 「麒麟がくる」は、安土桃山時代の武将・明智光秀が主人公。1991年放送の「太平記」を手がけた池端俊策さんによるオリジナルで、大河ドラマの原点に戻り、戦国初期の群雄割拠の戦乱のなか、各地の英傑たちが天下を狙って、命をかけ愛をかけて戦う、戦国のビギニングにして「一大叙事詩」になる。

 私怨により本能寺で織田信長を討った謀反人のイメージを覆す、勇猛果敢かつ理知的な天才・明智光秀を、史料がほとんど残っていない20代の青春時代から描写。また、革新的な「魔王」のイメージが強い光秀の主君・信長についても、最近の研究で見直されている保守的かつ中世的な側面も強調し、父の信秀から実直に受け継いだ財政面、経営面での才覚も描く。さらに親子2代で美濃を乗っ取ったという説に基づく斎藤道三、反織田勢力を自由自在に操り、室町幕府の再興をなそうとする権謀術数に長(た)けた第15代将軍足利義昭や、若く野心にあふれる細川藤孝、松永久秀、今川義元など、ひと癖もふた癖もある群雄たちが、戦国時代を舞台に、縦横無尽に活躍する内容になるという。

 大河ドラマは現在「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」が放送中で、「麒麟がくる」は2020年1月スタートを予定。 

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る