MANTANWEB(まんたんウェブ)

直撃!シンソウ坂上:キャシー中島のヘバーデン結節、ハイヒール・モモコのメニエール病 実態を紹介

テレビ
6月13日放送の「直撃!シンソウ坂上」に出演する「ハイヒール」のモモコさん(左)とキャシー中島さん(C)フジテレビ

 俳優の坂上忍さんがMCを務めるバラエティー番組「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系、木曜午後9時)。6月13日は「女性芸能人を襲った難病・奇病SP」と題して、タレントのキャシー中島さんを襲った「ヘバーデン結節」、お笑いコンビ「ハイヒール」のモモコさんを悩ませた「メニエール病」と「帯状疱疹(ほうしん)」の実態に、本人たちの経験談などから迫っていく。

 ヘバーデン結節は、手の指の第一関節に“結節”と呼ばれるコブができ、人によっては指の痛みが長期間にわたって続き、最悪のケースでは指先が不自然に変形したまま全く動かなくなってしまう関節症。

 20年以上にわたってヘバーデン結節に悩まされているキャシー中島さんの指は、右手の中指と左手の親指以外全て病に侵されているという。右手で何かを持つ際の違和感や指が動かしづらいという初期症状を我慢し、痛みが生じても病院に行かなかったというキャシー中島さん。最初に痛みを感じてからおよそ2年後、右手だけではなく左手にまで痛みが及ぶ。そんなキャシー中島さんを救ったのは家族の支えだったという。夫で俳優の勝野洋さんが取った行動を紹介するほか、医学的見地から発症の原因や、対処法も探る。

 モモコさんは、耳鳴りやめまい、さらには激しい嘔吐(おうと)に襲われるメニエール病に30年以上も悩まされ続けてきた。初めて症状が出たのは20歳のころ。病院でメニエール病と診断されたが、有効な治療法が確立されていなかったため、症状が出たら点滴や薬で和らげるという対症療法を7年ほど繰り返した。一度は治まったかのように思えたが38歳の時に再発。子供を乗せて車の運転をしていたときにめまいに襲われ、急ブレーキを踏んだことで、子供に大けがをさせてしまったこともあるという。モモコさんが昨年10月に発症した帯状疱疹と共に、病気の実態などを紹介する。

 スタジオゲストとして、高木美保さん、吉田明世さんも出演。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る