MANTANWEB(まんたんウェブ)

武田航平:生涯・仮面ライダー俳優宣言 「ずーっと引きずっていきますから」

映画
時代劇映画「GOZEN-純恋の剣-」完成披露上映会に出席した武田航平さん

 東映の新プロジェクト「東映ムビ×ステ」の第1弾となる「GOZEN」の時代劇映画「GOZEN-純恋の剣-」(石田秀範監督、7月5日公開)の完成披露上映会が、東京都内で6月17日に行われ、「仮面ライダービルド」「仮面ライダーキバ」に出演した武田航平さんら主要キャストが出席。映画のテーマ「御前試合」にちなんで、「これなら殿の前でも勝負できるもの」を聞かれた武田さんは、「仮面ライダーに変身した回数」と答え、会場を沸かせた。

 さらに武田さんは、「ずーっと引きずっていきますから、ガンガン、仮面ライダーを。御前試合に全然、関係ないですけど、仮面ライダーの俳優なんで」と生涯にわたって“仮面ライダー俳優”であることをを宣言。ファンを大いに喜ばせたが、変身ポーズ披露は「しません。絶対しません。ノリが悪いと思われてもいいけど、絶対にしない。そんな安いもんじゃない」と断固拒否していた。

 上映会には主演を務める犬飼貴丈さん、ヒロイン役の優希美青さん、9月に上演される舞台「GOZEN-狂乱の剣-」の主演・矢崎広さんらが登壇した。

 「東映ムビ×ステ」は、ムービー(映画)とステージ(演劇)の「挑戦的な融合」を掲げた東映の新プロジェクト。第1弾「GOZEN」は、将軍や大名の面前で行った武術の試合「御前試合」に由来しており、8人の男たちが臨む命を懸けた御前試合での攻防と、試合の出場者たちの秘めた思いが描かれる。

 映画は、特撮ドラマ「仮面ライダービルド」などで知られる犬飼さんが、幕府の隠密・青山凛ノ介(あおやま・りんのすけ)を演じ、優希さんが凛ノ介と恋に落ちる神谷八重(かみや・やえ)役、武田さんが、凛ノ介の恋敵となる狂気の剣士・寺脇甚八郎(てらわき・じんぱちろう)役を務める。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る