近藤真彦:監督として“世界で最も過酷な耐久レース”に挑戦 初ドキュメンタリー番組WOWOWで放送

近藤真彦さん=WOWOW提供
1 / 2
近藤真彦さん=WOWOW提供

 1984年のレーサーデビュー以来、国内外で数々のレースに参加している近藤真彦さんが、世界で最も過酷な耐久レースとされる「ニュルブルクリンク24時間レース」に監督として挑戦する姿に密着した初のドキュメンタリー番組「ノンフィクションW 近藤真彦 54歳 もうひとつの素顔 - KONDO RACING Team Director -」が、9月22日にWOWOWで放送されることが8月2日、分かった。

 近藤さんはこれまで、全日本F3選手権、ル・マン24時間、F3000、フォーミュラ・ニッポンなどに参戦。2000年にレーシングチーム「KONDO RACING」を設立し、自身は監督に就任。2018年には、スーパーフォーミュラでチームチャンピオンを獲得している。今年、完走率約6割といわれる「ニュルブルクリンク24時間レース」への参戦を決め、チームを率いて同レースに挑んだ。

 番組は9月22日午後9時、WOWOWOプライムで放送。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る