MANTANWEB(まんたんウェブ)

安藤サクラ:「いだてん」で“東洋の魔女”の主将に 河西昌枝役「すさまじい覚悟を感じながら撮影」

テレビ
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に出演が決まった安藤サクラさん (C)NHK

 女優の安藤サクラさんが、宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」に出演することが8月22日、明らかになった。大河ドラマ初出演となる安藤さんは“東洋の魔女”の異名をとった女子バレーボール日本代表チームの主将・河西昌枝を演じ、10月27日放送の第41回から登場する。

 演じる河西のポジションはセッターで、あだ名は“馬”。卓越したリーダーシップでチームを統率し、1962年にモスクワで開催された世界選手権で当時、無敵だったソ連に勝利。1964年の東京五輪でも再びソ連を下して、日本中に大ブームを巻き起こした。大松監督との壮絶な練習と師弟の強い絆は、今も語り草になっている。

 安藤さんは「ドラマも終盤で、まさか呼んでいただけるなんて思ってもいなかったので、とってもうれしいです。宮藤官九郎さんの脚本を読んでいると『この中に入ってみたい!』と、うきうきしてきます。せりふは多くないのですが、現場に行くと、その一言に込められている熱量に驚かされ、東洋の魔女のすさまじい覚悟を感じながら撮影しています。バレーボールができて、『いだてん』に出られて、大河ドラマに出られて、ものすごく楽しいです!」とコメントしている。

 「いだてん」は、日本人が初めて五輪に出場した明治の終わりから、東京に五輪がやってきた1964年まで、およそ半世紀を描くオリジナルストーリー。テーマは「“東京”と“オリンピック”」で、大河ドラマで近現代史を取り上げるのは、1986年の「いのち」以来33年ぶり。

 中村勘九郎さんが日本で初めて五輪に参加したマラソン選手の金栗四三、阿部サダヲさんが「東京オリンピック」の実現に執念を燃やす政治記者の田畑政治を演じ、“リレー”形式で主演のバトンをつないでいる。NHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る