MANTANWEB(まんたんウェブ)

いだてん:“シマちゃん”杉咲花が“りくちゃん”に! まさかの再登場に「胸熱」「号泣」… 驚きの声も多数

テレビ
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第35回に登場したシマの娘りく役の杉咲花さん (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第35回「民族の祭典」が9月15日に放送され、女優の杉咲花さんが再登場した。自身が演じてきたシマの娘りく役で、SNS上は「胸熱…」「今日は冒頭から持ってかれました」「りくちゃん!(もう泣いてる)」「なんでいきなり号泣させる?」「顔を見た瞬間に泣けた」といった視聴者からの言葉が並んだ。

 シマは三島家の元女中で、日本女子スポーツの先駆けとなる人物。女性の社会進出にも理解がある増野(柄本佑さん)と結婚し、2人の間には長女りくが生まれ、幸せな日々を送っていたが、その矢先、関東大震災に巻き込まれて行方不明に……と展開した。

 そのシマの娘りくの“成長した姿”として杉咲さんが今回、再登場。「ああああああ」「事案発生! 事案発生!」「シマちゃん、生きとったんかい!!」「りくちゃん!?」「りくちゃんでした!」と驚きの声が多数上がったほか、「あのりくちゃんが、大きくなって…」「りくちゃん、お母さんそっくり」「りくちゃん…シマちゃんの面影が…あばば号泣」と視聴者は感慨に浸っていた。

 「いだてん」は、日本人五輪初出場の明治末から、東京に五輪がやってきた1964年までの約半世紀を描くオリジナルストーリー。テーマは「東京とオリンピック」。大河ドラマで近現代史を取り上げるのは、1986年の「いのち」以来33年ぶり。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る