明日のなつぞら:9月20日 第149回 なつ、千遥が働く料理屋へ 千遥、自身の思いを語り出して…

テレビ
NHK連続テレビ小説「なつぞら」第149回の一場面(C)NHK

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(総合、月~土曜午前8時ほか)は第25週「なつよ、千遥よ、咲太郎よ」を放送。9月20日の第149回では、千遥(清原果耶さん)からお店を辞めたいと聞いたなつ(広瀬さん)と咲太郎(岡田将生さん)は、千遥の働く料理屋「杉の子」へ向かう。店には、千遥と、千遥の育った置き屋の女将・なほ子(原日出子さん)がすでに来ていた。そして、「杉の子」女将の雅子(浅茅陽子さん)と、千遥の夫が入ってくる。千遥は、自分の思いを語り出し、なつは……。

 「なつぞら」は、100作目の朝ドラで、脚本家の大森寿美男さんのオリジナル作。戦後、北海道・十勝地方に移り住み、移民1世の柴田泰樹から開拓者精神を学んだなつは、高校卒業後に上京。当時「漫画映画」と呼ばれ、草創期を迎えていたアニメ業界に飛び込む。画家志望の友人・山田天陽に手ほどきを受けたデッサンの腕前を生かし、自然の中での生活で磨かれたみずみずしい感性を発揮していく。

 第24週「なつよ、この十勝をアニメに」は、東洋動画を辞め、新たな道を歩み始めたなつ。感慨にふける間もなく、麻子(貫地谷しほりさん)の設立したアニメ会社に出社早々、なつは作画監督を任される。下山(川島明さん)や神地(染谷将太さん)ら懐かしい仲間に囲まれ、「大草原の少女ソラ」の企画が動き出す。なつたちは、舞台となる十勝の大地へとロケハンに赴き、泰樹(草刈正雄さん)の語る開拓時代の話に心を動かされる。そして1974年秋、大自然の中に生きる家族を感動的に描いたアニメは話題を呼び、初めこそ視聴率は上がらなかったものの、少しずつ反響が出始め……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る